02 勇者は帰りたくない

 以前に宿屋に泊まった時は、アニスやカルマを加えた4人プラス一匹だった。男女がちょうど二人ずつだったので、二部屋借りて別々に泊まったのだ。

 しかし今回、アニスはおらず、カルマは働くついでに別に部屋を借りているらしい。ソラリアとリヒトの二人だけである。


「分ける必要はないでしょう」

「ええ? 着替え見られても良いの、ソラリア。君は女の子じゃないか」

「リヒトは子供だから問題ありません」

「……」


 確かに同年代の子供より背も低くて、幼い印象があると自覚しているリヒトだが、子供扱いされるとがっかりする。それにそろそろ成長期だ。ソラリアが良くても、リヒトの方はそれなりに意識してしまって困る。頭を抱えたが、ソラリアはさっさと部屋を借りてしまった。

 仕方ない。旅費も馬鹿にならないし、二人で別々の部屋を借りるのは豪勢というものだろう。


「メエー(羊は着替えないから問題ないね)」


 メリーさんは我関せずといった様子で、ベッドに上がりこんで隅っこで丸くなった。

 リヒトはベッドに座り込んで羊を撫でる。

 背後でソラリアが着替えている気配がしたので、振り返らずに羊の横で荷物の整理をすることにした。


「ねえ、リヒト」

「うわっ」


 突然、背後からソラリアが抱きついてきたのでリヒトは吃驚する。

 リヒトの前に回された腕は白い素肌があらわで、首筋にさらさらと絹のような淡い金髪が掛かる感触がした。肩の後ろには、柔らかい弾力性にとんだ二つの膨らみが当たっている。それが何なのか、リヒトは極力、考えないようにした。


「私、ジラフに帰りたくないです。ずっと、あなたと旅をしていたい」


 すねたように口を尖らせて、彼女は呟いた。

 意味深なシチュエーションに、リヒトは話題を変えたくなって考えを巡らせる。そして、記憶をたぐってソラリアの過去を思い出した。


「……ソラリアは鳥に育てられたんだっけ」

「はい、ハーピーという鳥の魔物です。私は、教会に保護という名目でハーピー達と引き離されたのです。優しいハーピー達は、私が同じ人間と暮らす方が良いと言って送りだしました」

「ソラリアはなんで、教会に従ったの?」

「私の行動次第で、ハーピー達が住む土地をどうするか決める、と言われました」

「それって脅迫じゃないか!」


 思わず見上げると、ソラリアの水色の瞳はうるんで、泣き出しそうに揺れていた。


「教会に保護された私は勇者だと崇められました。けれど、天魔を持つ者と普通の人間の間には見えない線がある。誰も私を、私の大切な家族であるハーピー達を助けてはくれなかった。だから私は自分で自分を助けるために、強くなろうと決めたんです」

「ソラリア……」

「力を得るために沢山の魔物を殺して、有名な勇者になりました。でも、今もハーピー達を助ける方法は思い付きません。ジラフに帰れば教会の命令に従うしかないんでしょうか……」


 肩に触れた腕に力がこもった。

 リヒトは試しに言ってみる。


「逃げちゃいなよ」

「それは……」

「苦しいことを全部背負いこむ必要はないと思う」

「ありがとう、リヒト」


 彼女はゆるゆると首を振った。


「全部を捨てて郵便配達人になれたら、どんなに良いだろうと思います。けれど、アニスのことも気になりますし、ジラフに帰るしかないでしょうね」

「僕も行くよ」


 ジラフはずっと避けてきた、教会の本部がある場所だ。

 本当は行きたくないが、アニスが元気か気になるし、泣きそうな顔のソラリアをここで放り出すほど、リヒトは薄情でないつもりだ。


「じゃあ、お姉さんの私がリヒトを守ってあげます」


 ぎゅっと抱きついてくる彼女の腕を、リヒトはしょうがないなあと思いながら受け入れた。




 翌朝、待っていたカルマに、ジラフに向かうとリヒトは告げた。


「カルマはどうするの?」

「俺は一緒に行かない。ここで適当に金を稼いで、ワイルダー大陸に渡る」


 きっぱりと言うカルマの顔は、出会った時のような暗い顔ではなかった。精悍さを感じる一人前の男の顔である。どうやら港町の食堂で働く日々で、心境に変化があったようだ。

 名残惜しいが、また旅をしていれば会うこともあるだろうと、リヒトとソラリアは彼に別れの挨拶をした。


 こうして、カルマと別れたリヒトとソラリアは、バブーンを南下して教主国ジラフを目指すことになった。


「やっぱり帰りたくないですね。よし、回り道しましょう」


 ソラリアの肩にとまったカラスが、巻物をくわえて差し出す。

 巻物を受け取ったソラリアは、リヒトの前でそれを広げる。羊皮紙に描かれた大陸の地図が風にひるがえった。


「ジラフへ行くには、アラバスタ山脈を越えるのが近道です。ですが、私はそんなに早くジラフに帰りたくありません!」

「正直だね……」

「そこで、川に沿って妖精の森を進むルートはいかがでしょう? 羊に食べさせる良い草が見つかるかもしれませんよ」

「それはナイスアイデアだね!」


 リヒト達は山脈越えの横断ルートではなく、山脈を迂回して森を進むルートを選択した。この森は、妖精の森と呼ばれている。

 まずは海岸に沿って南下する。そして、海に注ぐ川の河口をさかのぼり、緑の深い樹海を目指す。


 白い石の転がる河原をリヒト達はゆっくり歩いた。

 川幅は上流に向かうほど狭くなっていき、河原に転がる丸い石が、上流ほど大きく角ばった石になる。

 途中で何泊か野宿しながら川沿いを進んでいくと、やがて樹の枝が空を覆い隠す暗い森にたどり着いた。

 大地には柔らかい枯葉が積もり、倒木や岩には緑の苔が生えている。

 一部の苔の上には、目にも鮮やかな赤いキノコが数本立っていた。


「妖精の森は、別名、キノコの森というそうです」


 ソラリアの説明を受けて辺りを見回すと、ちらほらキノコの姿が。森を進むほどに、キノコと遭遇する割合は増えていく。

 赤いキノコ、黄色いキノコ、青いキノコ……。

 傘が大きく開いたホットケーキのような美味しそうなキノコや、傘が閉じた卵のように丸いキノコもあった。実に様々な種類のキノコがリヒトの目を楽しませる。


「なんだかキノコが大きくなってきたような」


 森が深くなるにつれ、キノコのサイズは倍になっていく。

 ついには樹木と同程度の大きさのものも現れ始めた。


「メエー(キノコが生える森じゃなくて、キノコが森になってるね!)」


 メリーさんのコメント通り、そこはもはや普通の森ではなく、キノコが木の代わりに並ぶ、見たことのない不思議な光景が広がっていた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます