07 目指すは羊さん王国

 リヒトの母親は天魔の能力者で、父親は武人だったそうだ。二人が生まれた国では天魔の能力者は差別されていて、結婚ができなかった。だから両親は遠く離れたアントイータの山中まで駆け落ちしてきたのだ。

 天魔の欠片を持つ子供が生まれて、両親は悩んだ末、子供を教会に届けたりせずに隠して育てることに決めた。

 二人はリヒトが天魔の能力を隠して生きていけるように、様々なことを教えた。天魔の能力のコントロールの仕方、読み書き、地理や世界情勢について。

 知識や技術だけではない。

 両親はリヒトに大事なことを教えてくれた。


「リヒト、普通って何だと思う?」

「ふつう?」


 首をかしげる幼いリヒトを、母は愛おしそうに見つめる。


「暖かい家で、朝ご飯と夕御飯を食べて、家族と一緒に眠る……当たり前のことだけど、本当はとても難しいことなのよ。リヒト、あなたには当たり前のことを大事にできる人生を送ってほしいの。地位、名誉、国……そして天魔。大きな力は人を当たり前から遠ざけるわ」


 母親の言ったことは難しくて、その時のリヒトには分からなかった。

 けれど山火事に巻き込まれて両親が死んだ後、だんだん母親が何を言いたかったのか理解できるようになった。

 家族で平和に穏やかに過ごす日常は崩れ去った。独りになってリヒトは、今まで当たり前だと思っていた全てが、とても尊く得難いものだったのだと気付いたのだ。




 リヒトは大きく息を吸って、吐いた。

 亡き両親が願った平穏は、魔王信者の野望と相容れないものだ。答えは決まっている。


「……僕は天魔の王国じゃなくて、羊さんの王国を作りたいんだ」

「はあ?」


 一緒に来ないか、と誘ったフレッドは眉を上げた。

 仮面の男オーディンも微妙な顔をしている。


「柔らかい草がいっぱい生える、綺麗な小川が流れる山地を見つけて、羊さんを放牧するんだ。毎日、新鮮なミルクやバターを作って皆で食べたり、羊さんの毛でセーターを作るんだよ」

「……」

「羊は百匹以上がいいなあ。可愛い羊が一匹、白い羊が一匹、黒い羊が二匹、ブサ可愛い羊が三匹……」

「やめろっ! 眠くなるわ!」


 眠る前の呪文を唱え始めたリヒトを、慌ててフレッドが遮った。

 百匹まで数えるつもりだったリヒトは残念に思う。


「くそっ、やっぱり羊ラブかよ! 聞いた俺が馬鹿だった!」

「うん、そういう訳で魔王には興味ないから。友達として遠くから応援するよ、気持ちだけ……今時、魔王とか格好悪いと思うけど、まあ個人の好みだよね」

「応援する気ゼロじゃねえか!?」


 交渉は決裂した。

 二人の少年の結論を聞いたオーディンは腕を広げる。


「良いではないか! どのような道を選ぶかは少年の自由だ。フレッド、君の前途を俺の天魔で祝そう! いでよ、海獣!」


 地面が大きく揺れ、洞窟の入り口から射し込んでいた光が陰る。ゴゴゴ……と音を立てて、巨大な生き物の頭部が洞窟をのぞきこんだ。


「いざ行かん、海の彼方へ! 我々、魔王信者の本拠地は海の向こうにある。この海獣に乗せていってもらおうではないか」


 巨大な海獣は洞窟の入り口に頭突きをお見舞いする。

 洞窟の天井がガラガラと崩れて、リヒトは破片が飛んでこない壁際に退避した。天井が崩れて空と海が見えるようになる。

 オーディンが海獣と言っていたのは、毛のないのっぺりとした皮膚をした四つ足の獣だった。頭は平べったく、手足には水掻き用の皮膜が付いている。

 男はさっと海獣に駆け寄ってフレッドに合図する。フレッドは戸惑うリヒトを置いて、海獣に飛び乗った。


「あばよ、リヒト!」


 オーディンとフレッドは海獣の頭に乗る。海獣は水面から頭だけを出して、海を泳いで去っていった。


「行ってらっしゃーい」


 リヒトは何となく手を振って彼らを見送る。


「レイルは冒険者になりたいって言ってたけど、魔王も危険な職業だし、うん、大した違いは無いよね」

「メエー(全然ちがうと思う)」


 いつの間にか、羊のメリーさんが近くに来ていた。

 メリーさんはトコトコと近付いてきて、リヒトの服の裾をくわえる。


「どうしたの?」

「メエメエ(タコ焼き合戦が、大変なことになってるよ)」

「そういえば、ソラリアやアニス達はタコを捕れたのかな」


 リヒトは岩を伝って街の方に戻り始める。

 用は済んだので心開眼ディスクローズアイはもう使っていない。連続で天魔を使用したので、体力を消耗していた。今日はもう使用を控えた方が良さそうだ。

 反対側の浜辺ではタコ焼き合戦をしているはずだが、歩きながらそちらの方向を見たリヒトは、海におかしなものが出現しているのに、気付いた。


「巨大な、タコ……?」

「メエー(タコを食べるっていうか、タコに食べられるっていうか)」


 メリーさんの報告内容はリヒトに伝わっていないが、遠目に赤黒い巨大な生き物が、人々に襲いかかっているのは確認できた。


「大変だ……!」


 たぶん、勇者のソラリアが何とかしてくれるだろうと、リヒトは楽天的に考えていた。しかし、リヒトは忘れていた。勇者の獲物の聖剣は、宿屋の片隅で荷物と一緒に放置されていることを。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます