第7章ー1 冒険とトレジャーハンティング

 カミカゼ水龍カスタムモデルのチューニングバージョンで、アキトは森の上を疾走している。

「おおおおおおおぉおおおーーーーーっ! 疾駆、疾走、飛翔だぁあああああ」

 楽しくて楽しくて堪んねぇーぜっ!

 久しぶりのトレジャーハンティング。

 しかも、大気のある惑星で、だっ!

 盛り上がらないはずがないっ!

 高揚感に包まれ、アキトは空にある人となり、自由に翔けめぐっている。

 最新制御システム”ダークゼータシステム”の限界に挑むように、宙返り・横転・きりもみ・反転・背面飛行と次々に高難易度の飛行を実施する。

 トライアングルは飛行機と異なり、失速して墜落する危険はない。そして水龍カスタムモデルの気密カプセルは、その惑星での音速を超えた際の衝撃波にも耐え得る。

 だが、時速600キロ以上で空中衝突なんてしたら、死と限りなく親しいお付き合いすることになる。

 惑星ヒメジャノメの環境は、オセロット王国の惑星開発省がコントロールしながらテラフォーミングしている。

 とはいえ、どんな生物がいるか分からないのだ。

 恒星の光や惑星の気候などの様々な要素により、独自の進化を遂げる生物がいるからだ。そしてそれは、どの惑星でも例外なく起きる現象である。

『アキトは楽しそうだねぇー。ボクもカミカゼにしようかなぁあー』

 気持ち良く飛行しているアキトの耳に、翔太の気楽な声がクールグラスに接続した骨伝導イヤホンを通し響いた。

 カミカゼの後方上空に、スカイブルーに塗装された直方体に申し訳け程度の翼がある物体が飛行している。その物体は、翔太が操縦する大気圏宇宙兼用輸送機”コテツ”だった。宝船に搭載される時は翼を収納し、縦横10メートル長さ25メートルの直方体になるのだ。

 宝船の搭載機の中で、一番大きな機体である。

「ふ・ざ・け・ん・なっ! そんな時間ないぜ」

『うんうん、それなら方法は1つさ』

「ダメだ!」

『あれあれ。まだ、ボクは方法を言ってないんだけど?』

「操縦を交替しろってんだろ」

 コテツには揚力を全く生み出さない翼が機体の上下左右にあり、大気圏内で飛行の直進性を安定させる為だけに存在する。大気の状態によっては翼の大きさ変化させ、最適になるよう設計されている。

 空中に浮くのは主成分ミスリルのオリハルコン合金で、推進はロケットエンジン方式である。コテツは宇宙空間で前後上下左右のあらゆる方向へと転進するため、バーニアスラスターが様々な位置に配備されている。そして機体の前後には、ブースターを配したメインノズルがある。

『いやいや、今すぐじゃないよ。次の場所で交替すれば良いさ』

 全く以て、自由な空ではなかった。

 今2人は宝船から半径200キロメートル圏内に、警戒網を敷こうとしている。そしてコテツの格納庫には、警戒網を構築するためのレーダーが1万基以上積んである。

 安全安心に、レーダー機器を輸送するコテツの操縦なんざ退屈なだけだ。丁重に・・・絶対に・・・断るぜ。

「ダメだ。これはチューニングのテストも兼ねてんだぜ」

 理由も説明するあたり丁重であり、台詞の始めで断るあたり、アキトに全く操縦を変わる意志がない、ということだった。

 しかし翔太は気にしない。アキトの意志を充分すぎるほど理解していながら気にしないし、気を遣わない。

『チューニングのテストならボクがやるさ。テスト結果を伝えれば良いだろ?』

「翔太じゃテストになんねーんだよ」

 翔太は独特の押しの強さで反論を口にする。

『いやいや、テストパイロットとしてのボクは、すっごく評判が良いんだよねぇー』

 それは真実だった。

 マルチアジャストという才能は、機体の隅々まで神経を行き渡らせて操縦する。だからなのか、機体に問題がある場合、即座に問題の発生箇所を特定できる。

 まったく忌々しいが、オレのカミカゼも翔太なら直ぐに機体を把握できるだろうな。

「オレの役には立たねーがな」

 これも真実である。

 カミカゼ水龍カスタムモデルは、アキトにとって操縦しやすいかに的を絞ってチューニングしている。自身の能力を存分に発揮できるかは、アキトが操縦しなければ判断できない。

『まあまあ。ボクたちは、永遠の友じゃないか』

 同年代の女性からは、絶大な人気を誇る魅力的な笑顔らしい。だがオレの眼には、胡散臭さ全開の笑みにしか見えない。

 音声だけにして、クールグラスの端に映像表示を切りたい衝動に駆られるが、なんとか堪えた。

 翔太の映像が表示されるだけなら、迷まず間違いなく切る。だが表示される内容は、コテツから送られてくる情報も映している。

 水龍カンパニーの最新索敵システムを搭載しているとはいえ、所詮はトライアングル。搭載スペースには限りがあり、索敵システムはどうしても小型になる。大型の索敵システムを搭載しているコテツは、カミカゼ水龍カスタムモデルより索敵範囲が遥かに広い。というより、桁違いの性能を誇るのだ。

 そして、索敵システムの情報だけを取得できれば良いのだが、データ送信内容はコテツ側で決めるからだ。

「だから? それで? なんだってんだ?」

『良かった良かった。永遠の友というところを否定されたら、警戒網構築を取りやめて、事実を認めるまで話し合う必要があるからね』

 胡散臭さ全開の笑みのままだが、翔太の雰囲気が少しだけ変わった。眼だけが笑っていないのだ。

「・・・永遠の、だけは外してくれ。友というのは、今さら否定しない。それより、シミュレーション結果だと977箇所も設置すんだぜ。効率的にやっても4日はかかる」

『いやいや、別に日が暮れても続ければ良いのさ。13時間ぐらいの連続稼働なら楽勝だよね?』

「それでも時間が足んねぇーよ」

『シミュレーション結果って、パラメーターは標準で実行したんだよね?』

「それ以外に、どうシミュレーションすればイイんだ?」

 新しく最新のレーダー機器、新しく最新のコテツ、新しく最新の警戒システム。

 使ったことのない機械を、マニュアルにある標準時間で設置設定し、テストまで実施できると想定。移動の平均時速は300キロ。危険生物との遭遇リスクは考慮しない。その他、突発的なトラブルは起きない。

 以上を条件としてる。

『3、4回の実績をもって再シミュレーションすれば良いのさ。それと設置回数による熟練度もパラメーターとして設定すべきだよね。一人でトレジャーハンティングにするようになってから、慎重派に転向したのかな。前はもっと、ギリギリを攻めていった積極派だった気がするなぁー』

 オレが慎重派に転向したのは、1人でトレジャーハンティングするようになったからではない。ジンたちと行動を共にするようになったからだ。

 だが、今はお宝屋との共同のトレジャーハンティング。気持ちが高揚するのを抑えきれないぜ。

「言ってくれるな、翔太。ああ、やってやる。2日で終えてやるぜ」

『惑星ヒメジャノメの1日は、20時間なんだけどね』

 盛り上げといて水を差してきやがる。ホント、イイ性格してんぜ。まあ、少し頭に血が昇りすぎた自覚はある。

「取り敢えず、日没までの8時間は全力で行くぜ。翔太っ!」

『了解だよ、アキト』


 カミカゼ水龍カスタムモデルは、5ヶ所目のレーダー機器設置予定位置に到達した。そこは四方が荒野であり、所々に大きな岩がある。

 到着した次の瞬間、アキトの眼前にレーダー機器が、ゆっくりと降りてくる。上空にはコテツが、微動だにせず停止している。

『どこが良いかな?』

 アキトは周囲に視線をざっと巡らせた。それだけで、適切な設置場所を見つけだした。岩場の亀裂にレーダー機器を隠しつつ、ほぼフルで性能を発揮できる場所である。

 アキトはコネクトでコテツと連携し、ロイヤルリングでレーダー機器の設置場所を指示する。そしてクールグラスに映る、レーダー機器の設置シミュレーション映像を確認した。

「データを送ったぜ」

『OKOK。設置は、任せてくれて構わないよ』

「任せた」

 翔太は、コテツからレーダー機器を誘導し素早く設置した。警戒システムとレーダー機器のコネクションを確立し、警戒網としてリンクさせる。

 アキトは、コテツを経由して宝船の戦略戦術コンピューターを操作した。警戒システムとレーダー機器の連携情報から、警戒網構築に最適な次の設置場所を再シミュレーションする。

 レーダー機器の設置場所は、予めシミュレーションしている。しかし初見の惑星では地形データがなく、大気がどのくらい電磁波通信を阻害するかのデータもない。現地での微調整が必須になる。

 翔太は、最新のレーダー機器の移動、最新の警戒システムのリンク、最新のコテツの操縦を難なくこなしている。翔太のマルチアジャストという才能は、非常に強力である。

 アキトの頭脳は、設計書を一読しただけで機械の設計思想や仕様を理解し、応用方法まで考案できる。しかも、慣れ親しんだ新開グループの機械とシステムである。操作マニュアルを読んだだけで、幾通りのもの応用方法を考え付いていた。

「再シミュレーションした位置データを送信したぜ」

『うんうん、確かに受信したね。それじゃあ、先に往くよ』

 トライアングル水龍カスタムモデルとコテツを比較すると、防御力、索敵範囲に圧倒的な差がある。そして何よりも、コテツの方が速い。

 コテツが目的地へと先に往き、到着次第アキトに地形データを送る手筈になっているのだ。

『それで、どうかな?』

 既にコテツの姿は見えない。しかし、もちろん通信は可能だ。

「21時間ぐらいだな」

『相変わらずアキトの概算は精確だねぇ』

「半分は勘だぜ。コテツに食料は積んであるよな?」

『良かった良かった。昔のアキトが戻ってきたようだね。因みに、食料は充分以上に積んでるから大丈夫さ』

「まだ1年も経ってねーな。昔とは言わねーだろ?」

 アキトと翔太は短い言葉で、互いが考えていることを理解していた。

 友より上で、永遠の友より下。2人には、親友という言葉が相応しいのだろう。そして互いに笑みを浮かべているのを、映像を見ずとも分かっている。

『そうそう。つまりは、やるんだよね?』

「やらない理由が見当たらないぜ」

 夜には宝船へと帰還し、日の出とともに警戒網構築を再開するのではない。警戒網構築が完成するまで、食事以外に休憩をとらない方針へと変更したのだった。


 恒星ヒメジャノメが中天に昇る頃、宝船のオペレーションルームに風姫と史帆、千沙が集まっていた。

 3人ともスペースアンダーを身に着け、上にジャケットを羽織りスリムパンツを穿いていた。いずれもトレジャーハンティング用のモノだった。

「予定時刻より2時間も遅れているわね。いつまでアキトは遊んでいるつもりなのかしら?」

 風姫が不機嫌にそうに漏らした呟きに、千沙がイラつきを隠さずに反応する。

「アキトくんは、トレジャーハンティングしてるのっ!」

「レーダー機器の設置は完了したわ。一度戻るべきとは思わないのかしら? 適度に休憩してても、睡眠をとらず22時間稼働は、疲労を蓄積させるわ。いくら気が張っていて疲れを感じていなくても、ふとした瞬間に体が動かなくなる。今日でなくても良い作業を、無理して実施している。これは回避できるリスクだわ。お宝屋はリスクマネジメントが出来ないのかしら?」

「リスクとリターンを冷静に検討して、そして判断したのっ! それにゴウにぃが合流したんだから、大抵のことは問題ないよ。大抵じゃなくなったら撤収するからね~」

「ゴウにぃって、TheWOCの戦艦に迷いなく、躊躇せず、容赦なくレーザービームを叩き込んだ人かしら? しかも、同時にミサイルまで発射してたわね。そんな人が本当にトラブルを起こしていないと信用しているのかしら? そこにトラブルがあれば、飛びつくのではなくて? 予定より遅れているってことは、トラブルと仲良くしているとは思わないのかしら?」

 彩香からトラブルテイカーと言われている風姫が、トラブルについて偉そうに語る資格はない。しかし、いつもはツッコミを入れるジンと彩香がいないのが幸いし、説得力を持っていた。

「お宝屋はトレジャーハンティングユニットなんだよ~。目の前に宝物があったら、何をおいても飛びつくの。チャンスは一瞬、それを逃すと宝物は手に入らない。それがトレジャーハンターなんだよ~。そして今、あたしとアキトくんはトレジャーハンター」

 トレジャーハンティングの際、警戒網構築とベース設営、水の確保、食料の調達を始めに実施する。

 レーダー機器の設置が後5基で完了となった時、構築した警戒網に生体反応があった。警戒網の半径5キロメートル内に、1メートル以上の生物が動くと反応するように設定してある。それは、トレジャーハンターとして見過ごせない。

 危険生物かも知れない。

 食料になるかも知れない。

 何より、独自の進化を遂げた貴重な生物かも知れないのだ。

 宝物は、何も重力元素だけではない。テラフォーミングした惑星には大抵新たな発見があり、人類に有益な何かを齎すのだ。

 トレジャーハンターには、新しい何かを求めるタイプと、金銭のためだけに行動するタイプがいる。もちろんアキトとお宝屋は前者だった。

 3人は今頃、嬉々としてトレジャーハンティングしているに違いない。

 その姿を想像してなのか、うっとりとした表情で、千沙は言葉を継ぐ。

「一緒に冒険して、未知に挑んで、後3年半を一生懸命駆け抜ける。そして将来は、一緒にルリシジミ星系で暮らすことになってるの」

 碧い瞳に剣呑な光を宿し、刺々しい口調で応じる。

「まあ、それは残念ね。再来年、私とアキトは惑星ルリタテハで大学生になっているわ。そして惑星ルリタテハを拠点に、将来は色々な星系を巡ることになる予定だわ」

 風姫の余裕のなさを感じとったのか、千沙は確認に満ちた笑顔を言ってのける。

「違うよ~。だってアキトくんは、あたしと恋に落ちるの。だから将来、あたしは惑星シンカイでアキトくんと一緒に暮らすことになるんだよ~」

 風姫は気付いていないが、千沙の口から重要な情報が漏れていた。ルリシジミ星系の主惑星はルリシジミである。惑星シンカイは、新開家が長い時をかけテラフォーミングした地であり、新開グループの本拠地なのである。

 つまり新開家と新開グループに縁のある者が住む。そしてアキトの苗字は新開である。

「恋に落ちるというのではなく、陥れるつもりじゃないのかしら?」

 話が逸れまくっている。

 しかし、風姫と千沙は止まらなくなっている。

 話に入れないでいる史帆が呟く。

「翔太君なら分かるけど・・・」

 本心を零しながら、疑問を口にする。

「アキトの・・・どこがイイのかな」

 アキトについて言及した瞬間、即座に千沙が反論する。

「アキトくんは優しいんだよ~」

「初めて会った時、怖かった・・・」

「何をやったのかしら?」

 透き通った声が冷たい声色に彩色され、風姫は史帆を問い詰めるように尋ねた。

「・・・営業終了したって言ったのに、カミカゼ水龍カスタムモデルを準備させられた」

「私は、あなたが何をやったのかしらって、聞いたんだけど?」

 冷たさを増した風姫の声色が、史帆を追い詰めた。

「アキトくんは、理不尽なこと要求したりしないよ~」

 柔らかい口調だが、決して揺るがない芯をもった千沙の主張に、史帆は気まずそうな表情を浮かべた。

「・・・お店の都合で、営業時間を縮めた」

「あーあー。それはアキトが怒っても仕方ないわ」

「だけど・・・ユキヒョウの整備が急に入った」

 風姫の表情は、ほんの少しだけ、気まずそうになる。ユキヒョウの出航を、自分の我が儘で早めた自覚はあるようだった。

「それは、アキトくんには関係ない話しだよね~」

 そこから30分もの間、アキトの良いところ、凄いところを風姫と千沙が史帆に洗脳・・・説明する会になったのだった。ただ内容の8割方、千沙の思い出話になっていたが・・・。

 そして宝船のオペレーションルームに集まった当初の目的を、3人は完全に忘れ去っていた。当初はアキト達の状況確認をする予定だったのだ。しかし連絡が全く取れず、会話内容が自分達の興味に移っていた。

 因みにヘルは招集に応じず、最初から格納庫で自分の興味・・・としうより欲望の赴くままに行動していた。

「アカタテハ星域地区で主要教科を3年間学年1位だったんだよ」

 千沙の口からアキトの自慢話が止まらない。

「先生達は当然、アキトくんが大学進学するだろうって思ってたらしいんだけど、学力検査すら受験しなかったの。宝船に乗って、あたしと一緒にトレジャーハンティングするために・・・」

 千沙は語りながら、徐々に自己陶酔気味になっていく。その千沙に、珍しく勢い込んで史帆が口を開く。

「しょ、翔太君の学生の頃は・・・」

 風姫と千沙から、怒涛のアキト攻撃に圧倒され、頷くだけのマシンになっていた史帆が暫く口を挟んだ。

「特筆すべきことはないよ~」

 瞬殺だった。

 史帆から訊き方では、今の千沙にとって完全に圧力不足だったのだ。

「それよりトレジャーハンター試験の実技テストなんだけど。実技がすっごく重視されていて、難しいんだよ~。それをアキトくんは、史上初パーフェクトをとったの。ホント、何でもできるんだよね~」

「トレジャーハンター試験の結果は知っているわ。なんでも出来るについては、異論を挟む余地が多少・・・あるけどね」

「アキトくんは宇宙航行理論とかの知識テストや、トラブル対策のテストも歴代1位だったんだよ~。歴代総合1位じゃなくて、全試験歴代1位の記録でライセンス取得したの。もうホント、アキトくんは凄いんだから~」

「実技試験でのパーフェクトは、歴代で2人いるはず」

 史帆から冷水を浴びせられたかのような表情になった。

 正気になった千沙は、アキトの才能を援護するつもりで口を開く。

「でもっ、初めてパーフェクトをだしたのはアキトくんなのっ!」

「たしか2人目の方が、同じパーフェクトでも質が違うとか、桁が違うとかいわれてる。工場で、そう聞いた・・・。誰かまでは知らないけど」

 援護でなく逆効果になってしまった。

「アキトと比較して桁違いというからには、重力元素開発機構の技術者だったのかしら?」

 風姫の独り言に、千沙は微妙に表情を変化させた。その微かな変化を風姫は見逃さず、小首を傾げ軽い口調で尋問する。

「あなたは何か知っているようだわ、千沙。教えてくれないかしら? いいえ、教えてもらうわ。さあ、話しなさい」

「・・・翔太なの」

 渋々と兄の名を告げた。

 千沙の声色には、嬉しそうな気配がまるでなかった。

「血がつながっているのよね? お兄さんではないのかしら?」

「ウソ?」

 ヴァイオレットの瞳を揺らしながら、史帆は衝撃を受けたように呟いていた。自覚はしていないようだが・・・。

「えっ、なんで? 正真正銘の双子だよ~」

「兄妹なのに口を噤みたいみたいだったわ」

「う~ん、少し複雑な気持ちなの・・・。翔太の場合、マルチアジャストがあるんだよ。あれも本人の才能だし・・・、アキトくんも色々な才能持ってるし・・・。だけど、マルチアジャストって反則級の才能なの。ルーラーリングを通して機械のステータスを把握できるから、性能限界値のギリギリで動かし続けられるし・・・。」

「・・・凄い。なんて凄い人・・・なんだろう」

 史帆の言葉を、千沙は即座に否定する。

「アキトくん程じゃないよ~。だって翔太は感性の人で、アキトくんは理論の人なの。あんまり考えないで行動してんだよ~。アキトくんが発見したことを、ゴウにぃと翔太で面白可笑しくイジッてる内、トラブルに発展しちゃうの。もうホント、大変なんだよ~」

「ようやく理解できたわ。あの2人が元凶だったのね。そうだったのね。・・・アキトが潰される前に潰すわよっ!」

 元凶は3人揃うと、である。アキトが発見しなければ、ゴウか翔太が発見するだろう。アキトが自分1人で行動する時、決して慎重さを失わない。しかし、ゴウと翔太の存在はアキトにとって大きく、どんなトラブルでも3人なら乗り越えられる。口では何と言っていても、考え頼りにしているのだ。

 それが心の何処かで甘えや油断に繋がっている。

 アキトはトラブルに愛されているのではなく、トラブルが起きるのは必然なのだ。

「でも・・・そうかぁ~。・・・そうだよ。一度徹底的に、潰しとかないとダメかも。今のままだとダメだよっ!」

 ”潰す”の定義が、2人の間では決定的に異なっている。

 風姫は物理的にで、千沙は考え方にであった。

 会話を続ければ、誤解をとく機会はあったのだろうが、その時間が存在しなかった。

 ゴウから秘匿回線で連絡があったのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます