邂逅の森

作者 天竜風雅

8

3人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

偉大なる太陽神アルヴィーズを召喚する使命を帯びた、新たなる神官、リセル。
神官を守護する役目を与えられた、神殿騎士、ルーグ。

二人は、召喚儀式の手違いにより現れた「ルディオール」と呼ばれる邪悪な神を封じるために、森を旅することになりますが…。

二人の楽しげな交流、行く先々で待ち受ける数々の試練が、テンポよく語られ、一気に引き込まれます。
物語の終盤には、あっと驚くような意外な結末が待っています。

古の森に、大いなる神と対話する、息を飲むほどに美しい異世界ファンタジー。
華麗なる剣と魔法と神々の織りなす、色彩豊かな物語はいかがですか。

★★★ Excellent!!!

呪いを受ける彼女の道筋、

現れた騎士。




必死に目的に向かい、
進んでゆく彼女の姿は、


飾らぬ、そのままの

彼女の存在のままの、姿を見る様で、



美しく描かれる自然の大きな存在。

立ち向かうべき呪いと、

暗闇に覆われた世界の
立ち塞がる大きな問題を前に、


身一つで向かってゆくような
印象を思い描きます。


ルーグとの会話に見える、
彼女の可愛らしい一面も

惹かれます*


大神殿での事件・・。


彼女の起こした出来事から、

背負うものを感じます。

リスティス様のことも気がかりです・・*


闇の中に見える、
強い太陽の存在・・*


心強い同行者*


二人の旅に何が待つでしょうか。