21 告白

 黒崎くろさき八式やしきが城門を抜け、しばらく進むと石造りの塔があった。

 塔に通じる扉は開いている。辺りには人っ子ひとり見当たらない。


 黒崎は直感した。


(この塔の中に……司藤しどうが……)


 塔の窓には微かに明かりが漏れている。

 中から人の気配がする。司藤しどうアイは塔の最上階だろうか。

 開け放たれたままの扉の前に立ち、黒崎は大声で呼ばわった。


司藤しどう! いるんだろう? オレだ、黒崎だ。

 迎えに来たぜ。降りてきてくれ!」


 しばらく待った。しかしアイが塔から降りてくる足音は聞こえない。

 か細く、すすり泣くような声が聞こえてくるのみである。


「……悪い。オレはどうしても、お前を連れ戻さなきゃならねえんだ。

 中に入らせてもらうぜ!」


 先ほどと同様、大声で呼ばわってから――黒崎は開いたままの扉から、塔の中へと踏み込んだ。

 辺りは薄暗いが、螺旋階段の位置はかろうじて分かる。階段を上るにつれ、すすり泣く声が大きくなり、黒崎の耳と心に突き刺さる。


 最上階。扉は閉ざされていたが、鍵は開いているようだ。

 黒崎はノックして待つ。やはり返答は沈黙。ただ、すすり泣く声は止んでいた。


「部屋に入るぞ、司藤しどう……」


 ぎい、と蝶番の音が響く。扉は驚くほどすんなりと開いた。

 中にいたアイは、高校のセーラー服姿だった。その時、黒崎は初めて気づいた。騎士ロジェロの鎧姿だったはずの自分が――男子学生の服装に変わっていた事に。


「……何でッ……来たの、黒崎……」


 アイはベッドの横に座り込み、顔を枕に押し付けたまま微動だにしない。

 ただ悲しげな涙声で詰問してきた。


「言ったろう。連れ戻しに来たんだよ」

「……わたしの事なんて……放っておけば、いいのよ……」


「本気で言ってるのか? 違うだろ?」


 黒崎はアイを必要以上に刺激しないよう、穏やかな声を意識して呼びかけた。

 彼の問いに対して答えはない。しかしアイが本気で放っておいて欲しいなどと思っていないのは、分かる。

 もしその気なら、度重なる黒崎の侵入に対し拒絶の意思を、何らかの形で示したはず。

 塔の扉だって開いていた。最上階の部屋は鍵もかかっていなかった。彼女が奥底では、誰かに救いを求めている証拠ではないか。


「こんな所にずっと独りでいたら、お前……本当に消えちまうぞ」

「……いいの……消えたい、の……わたしなんかより。

 『ブラダマンテ』のほうが、ずっと上手くやるわ、きっと」


「何言ってんだよ司藤しどう。お前ずっと、ちゃんとやってたじゃねえか。

 『ブラダマンテ』だって褒めてたぜ。お前ほど自分の潜在能力を引き出せた人間はいないって」


「そんな事、ない……そんな事ないッ!」アイは頑なに否定した。

「わたし、最初に黒崎に言ったわ。『どんなに嫌でも女優だったら、与えられた役を演じ切る』って。

 ブラダマンテはロジェロの恋人。もう二人は相思相愛になってなきゃいけない。なのに……

 いざ黒崎と面と向かってさ。距離が近くなってくると……もう、駄目なの。気の利いた即興のセリフひとつ、浮かばなくって。

 あれだけ偉そうに、先輩の俳優ヅラしておいて。わたしホント、いったい何をやってるんだろって……」


「エンジェル・フォールでの事を言ってるのか。あんなの……たまたまだろ。

 アクシデントだったじゃあねーか。うっかりお前を押し倒す形になったってだけだろ?

 そんな状況になったら、誰だって混乱するさ。気の利いたセリフっつーんなら、オレだってちっとも言えてなかったし」


「黒崎はその、ホラ……演劇やってる訳じゃあないんだから」

「それを言うなら、あんなミス一回くらいで、そこまでヘコむ事ねーじゃねーか。

 次から気をつければいい。オレは気にしてなんか……ない」


 アイを勇気づけるために、黒崎は敢えてそう言った。

 本当は黒崎は、アイとは違う理由で傷ついていた。アイの涙を見て――自分ではダメなのだろうと思った。

 周りがどんなに持ち上げてくれたところで……彼女の心は、自分の方を向いてはくれない。黒崎が内心、アイの事をどう思っていたとしても。


「次……あんな事になったとしたら。また同じことになってしまうと思う。

 分からないの。どうしていいか、分からない……いくら考えても、原因が分からない。

 普段だったら、失敗したと思ったら。原因を探って、対処法を考えてって……やっていかなきゃ、ならないのに」


 アイが黒崎との距離を縮め、言葉が出てこない理由。

 それはアイが黒崎の事を段々と意識し始めている証であった。

 しかしお互い――その結論に到達するには、経験が不足していた。


 黒崎はアイに近づいた。しかしギリギリのところで、身体に触れる事はしない。

 ただなるべく、優しい言葉をかけるために。声を張り上げなくても、彼女に言葉が届くように。


「『ブラダマンテ』を演じ切れないと思ったから、そんなに落ち込んでるのか」

「うん、だって……わたしのせいで、皆に迷惑がかかっちゃう。

 黒崎だって……現実世界に帰りたい、帰らなきゃって思っているから頑張ってるのに。

 わたし一人のワガママで、こんな事になって。塞ぎ込んでる場合じゃないって、分かってるのに」


「だったらさ。いっその事、やめるか?」

「…………えっ」


「大体お前ってば、思い詰め過ぎなんだよ。コレしか現実に帰る手段がないから、ブラダマンテやロジェロって役割にすがって。

 それにばっかり、全力投球ってやってるから……ちょっと蹴躓けつまずいただけでヘコんじまうんだ」

「でも……そんな! わたしが『ブラダマンテ』をやり遂げられなかったら、皆が本の中に閉じ込められて……!」


「いいじゃねえか、それでも。案外そうなったらさ。物語世界ココももっと、楽しめるかもしれねえぜ?

 そりゃ確かに今は、現実に帰るために頑張ってるさ。でもそれは――お前をそこまで苦しめてまで、達成したい事なんかじゃねえ」

「でも、そんなの……皆きっと、納得しないわ。綺織先輩だって、先輩のお姉さんだって……」


「だったら一緒に説得して回ってやる。メリッサだって、アストルフォだってな。

 みんなお前を心配してる。お前が苦しんでるって知ったら、使命がどうとかより先に、お前を何とかしたいって思うさ。

 ……実はな。ここに来る前にオレ、自分とお前の現実世界の素性、アストルフォ達にバラしちまったんだ。

 でもあいつら、快く受け入れてくれた。だから大丈夫さ。本音隠したまま苦しむより、いっそ思いっきりブチ撒けちまえよ。そしたらきっと……今よりずっと心が軽くなるさ」


 声の聞こえる距離から、黒崎が間近にいる事を察したのだろうか。

 アイは泣き腫らした顔を上げた。涙と鼻水だらけのひどい顔だったが、黒崎にとっては愛おしく思えた。


「……どうして? 黒崎……そこまで言ってくれるの? わたしなんかの、ために……」


 本当は、言うつもりなどなかった。

 今こんな状況で「それ」を口にするのは、卑怯な気がしたからだ。

 しかし今しがた「本音をブチ撒けろ」と言ってしまった以上。その問いに対し、はぐらかしたり誤魔化したりするのは――黒崎の今までの、必死な説得が嘘である事になってしまう。

 だから黒崎は言った。本音を。その言葉は想像していたよりずっと……するりと口をついて出た。


「……それは、お前の事が……好きだからだよ。司藤しどう

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます