3 ブラダマンテ、天馬に乗る

 メリッサは悪徳の魔女アルシナについての説明を始めた。

 輝きの街に住み、目映いばかりの美貌で男たちを虜にする魔女。

 今まで幾人もの旅人や騎士が、彼女の誘惑に引っかかり行方をくらましているという。


(……アプローチの仕方が違うだけで、やってる事はアトラントさんと変わらないような……)


 ブラダマンテこと司藤しどうアイが、ぼんやりとそんな感想を抱く間にもメリッサの話は続いていた。


「……という訳でして、魔女アルシナの住処は非常に危険ですわ。

 幸いにして、私は美姫アンジェリカの魔法の指輪を持っています。これから魔女の島に乗り込み――アストルフォ様やロジェロ様を救出してみせますわ!」


「えっ、ちょっと待ってメリッサ。貴女ひとりで行くつもりなの?」

「そうですよ! 危険な場所に淑女レディ一人だけというのは――僕も一緒に!」


 ブラダマンテとフロリマールは口々に言ったが、メリッサは首を横に振った。


「騎士様方は武勇には優れども、魔術をかけられたら不覚を取るかもしれません。

 ましてや相手は悪名高き魔女アルシナ。彼女の実力は、私にとっても未知数なのですわ。

 それにお二方。フランク王国の騎士として、シャルルマーニュ様から与えられし任務を放り出すおつもりで?」


 尼僧の鋭い指摘に、フロリマールは「うっ」と唸ってしまった。

 彼はシャルルマーニュより、行方不明の最強の騎士オルランドの捜索を命じられているのである。


 かくいうブラダマンテも、マルセイユ防衛の任務がある。

 これを放り出す訳にはいかない、確かにそうなのだが……


(なんやかやで、黒崎には恩があるし……放ってはおけない、気がする。

 それにメリッサ一人に任せっきりで、こんな所で悶々としながら帰りを待つべきなのかしら……)


「我が妹よ! やはり想い人の安否が気がかりなのだな!」


 突然大声を張り上げたのは、無言で座っていた兄リッチャルデットだった。


「無理もない! 恋する者の無事は自らの目で確かめたくもなろう!

 もし捕われているのが、あの麗しきスペイン王女フロデスピナ殿であれば、私は矢も楯もたまらず飛び出していた所だ!」


 リッチャルデットは興奮気味に叫んだ。

 この世界線のブラダマンテは出会っていないが……原典の彼女はスペイン王女に遭遇し、男性と間違われて求婚されるという事があった。

 それを知ったリッチャルデット、スペイン王女に恋焦がれる余り、ブラダマンテと顔が似ているのをいい事に、とんでもない行動に出るのだが……まあ、その事件は今回起きないので説明は省略する。


「行くといい、妹よ! 恋に忠実に生きよ。それもまた騎士道!」

「え、でも兄さん。ここマルセイユの守りは……?」

「私が引き受けよう! 予備の純白の武具を一揃い借りるぞ。何しろ私は妹によく似ているからな!

 敵に正体がバレる事などまずない。心配する事はないぞ!」


 いけしゃあしゃあと言い放つリッチャルデット。彼の担当しているモンタルバンの守備はいいのだろうか?

 傍らにいるフロリマールなど、すっかり雰囲気に飲まれてブラダマンテの行動を応援する目をしていた。


「決まりですね、ブラダマンテさん!

 僕も愛するフロルドリが捕まっていたら、居ても立ってもいられないでしょう!

 心置きなく、己の信じる道を進むべきですっ!!」


 周囲の協力的すぎる反応に、さすがの司藤しどうアイも腑に落ちず、慌てて現実世界の下田教授に念話を送った。


ииииииииии


「ねえ下田。騎士の皆さんがわたしの行動に疑問を持つどころか後押ししてくれるんだけど……?」

『特に不思議がる事はない。この世界の騎士なんて、みんなそんなもんだ』


 下田教授の返事は呑気そうだった。


「え、でもさぁ……国が攻められてピンチじゃない。放っておいていいの?」

『当時の騎士は封建制で、愛国心なんてモノが芽生える環境にはなかったんだ。

 自分の土地や、仕える領主・諸侯を守ろうとするぐらいがせいぜいだろう。

 それにアイ君。よく思い出して欲しい。フロリマールはオルランドを探しに行く任務を与えられたと言っていただろう?

 そのオルランドは何故失踪しているんだね?』


 そう。オルランドは美姫アンジェリカに一目惚れし、未だにその尻を追いかけているのだ。

 フランク王国最強の騎士がこのザマである。にも関わらず彼の行動を非難しようとする者も現れない。


「……騎士道っていうのが、ますますよく分からなくなってきたわ……」

『ひとつ教えておこうか。

 騎士道精神という奴はな。騎士の為に作られたものじゃあない。

 騎士物語を読む者たちのニーズによって生まれたものなんだ。

 この当時の、物語の読者のメインは……聖職者と貴婦人だ。どういう事か分かるかね?』


「つまり……その二つの読者層にウケるような行動を、騎士たちは取るって事?」

『その通り! だからフランク騎士たちはやたらキリスト教を礼賛するし、どんなに胡散臭くても貴婦人からの頼みは絶対に断らない。

 聖職者にとって騎士とは、キリスト教徒のために献身する戦士であるし。

 貴婦人にとって騎士とは、甘く愛を囁く白馬の王子様という事になるんだよ』


 加えて作者がイタリア人であり、フランスの存亡などどうでもいいと思っている可能性も高いが、と下田が付け加える。いずれにせよロクでもない話である。


 現代人から見れば滑稽で愚かに見える騎士たちの行動原理にも、一応の理由があったのだ。

 現代で未だ根強い人気を誇る某時代劇シリーズが、当時の実像とかけ離れた創作である事にも通じるのかもしれない。


ииииииииии


 ここまで後押しされては仕方ない。黒崎の安否も多少は気がかりであるし、彼らの好意に甘えるべきだとアイは判断した。

 ブラダマンテはメリッサに視線を送ってみたが、彼女は微笑みながらも溜め息をついた。


「……仕方ありませんわね。ブラダマンテが望むなら――私と共に参りましょう。

 魔女アルシナの住む、誘惑の島へと。ロジェロ様たちをお救いするために」


 こうして女騎士ブラダマンテと尼僧メリッサは、二人の騎士に全面的にエールを送られつつマルセイユを後にした。


「……ここまで来ればいいでしょうか」


 二人は人気のない森の中に入った。

 メリッサは辺りを見回し、誰もいない事を確認すると、ブラダマンテに金の指輪を手渡した。


「ブラダマンテ。これは貴女が持っていて下さい。

 ロジェロ様は恐らく、魔女アルシナの魔術の虜となっているでしょう。

 魔法を解く役目はやっぱり、愛しの恋人がやるべき事だと思いますもの」

「あ、ありがとう……メリッサ」


 腐れ縁の黒崎を「愛しの恋人」呼ばわりされ、アイの顔は若干引きつった。

 だが物語からすればブラダマンテとロジェロは相思相愛。恋人を救い出す女騎士として、アイはにっこり微笑んで魔法の指輪を受け取った。


「――実は、アルシナの島に行くための馬は一頭しか用意していませんでした。

 ブラダマンテが一緒に来るとは思っていなかったので」

「え、そうなの? じゃあどうやって――」

「勿論、その辺も考えてありますわ。私が……馬になればいいのです!」


 言うが早いか、メリッサは急に衣服を脱ぎ出した。

 突然の尼僧の大胆な行動に、ブラダマンテは面食らった。


「えっ、ちょっと――」

「ごめんなさいねブラダマンテ。さすがに人とかけ離れた姿に変身すると……服が破れてしまいますので」


 尼僧は僧服をあっという間に脱ぎ捨て、一糸纏わぬ裸体となった。

 気恥ずかしげに頬を赤らめてはいるが――ブラダマンテに見られて少々興奮しているようにも見えて、アイは正直気が気ではなかった。


 メリッサは瞳を閉じ、清らかな旋律で呪文を唱えると――その姿は輝き、大きく変じてゆく!

 ブラダマンテが驚いている間に、清楚なメリッサの肢体は美しい毛並みの、翼を生やした白馬の姿になった。


「ペガサス……!」

『御名答。いにしえの神話に記されし天翔あまかける白馬!

 麗しくも凛々しきブラダマンテが跨るのにこれ以上のモノはありませんわ!』


 確かにペガサスに乗って空を駆けるのは、ファンタジー世界に転移したら一度は体験しておきたい憧れのシチュエーションではある。

 アイも思わず胸が高鳴った。メリッサの変身でなければ、言う事なしなのだが。


『この姿になれば、貴女を背に乗せてアルシナの島までひとっ飛びです!

 もっとも本物ではないので、ヒポグリフほど速くは飛べませんけどね。

 あと――魔法による変身なので、くれぐれもアンジェリカの指輪を近づけないで下さいね。

 魔法が解除され、真っ逆さまに落ちてしまいますので……』


 メリッサの変身魔法の助力を得て、ブラダマンテはマルセイユの海岸から地中海へと飛び出した。

 ちょうど夕日が沈みかけていた時だった。赤焼けの空に舞う、天馬ペガサスに乗る女騎士の図は……情緒豊かな詩人や画家が目撃していれば、さぞ素晴らしき芸術作品として後世に残ったであろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます