大晦日の時間

 大晦日の夜、人が手薄になっているところを狙って、忍び込もう。

 パピコは誰にも言えない秘密の決断を下していた。


 犯行当日、夜な夜な出かけるパピコに、アタルは、


「どこ行くの?」


 と聞いてきた。


「私の身に何があっても、あなたのリンゴの皮を剥く手つきと、あなたが奏でるフルートの音色、そして憎いことばかり言うその唇は忘れない」


「怪しい。身体検査をしてから行け」


「通り魔なんてしないわ。失礼な人」


 パピコは、自分に触ろうとするアタルを交わして、靴を履く。


「送っていくよ」


 アタルの申し出にも、無視をして出かけた。


「すぐに戻れよな」


 ごめんなさい、アタル。それは無理そう。

 年越しまであと二時間。

 街の中心部に出るほど、騒がしくなる。


 タクシーを拾い、刑務所まであと二ブロックのところで降ろしてもらう。

 イタチが目の前を横切る。


 イタチがこんなとこにいるか? 

 パピコは自問する。疲れてるのかな? 


 刑務所の裏手に回る。ジャンパーの袖からスコップを取り出す。

 一瞬ヒヤリとしたものの、先ほどの身体検査を、苦労せずにかいくぐれたのは本当に大きかった。

 パピコはここで年を越す覚悟を決めてここに来た。


 体が冷えて、動きが悪くなる。

 こうなることを見越して、厚手のジャンパーを着ていたはずなのに、

大晦日の夜の気温が、パピコの予想を凌駕する。


 穴が大きくなればなるほど、パピコの後悔は大きくなっていった。


 そういや、今年は忘年会をしてなかったな。

 去年はサリーと二人きりで、しっぽりとお酒を飲みながら、忘年会をしたっけな。忘年会なのに、二人の将来について話し合ったな。


 あの頃はいつだって、未来は「わたし」のものじゃなくて、「わたしたち」のものだった。

 パピコの目頭が熱くなる。


 バイトの聖歌隊仲間とも、プーたちともワイワイしたな。

 パピコは去年のことを思い出して、懐かしんだ。


 アタルと出会ってからは、養う相手もいないから、バイトは籍だけ置いてる状況だった。

 そのためバイトの忘年会にはなんとなく顔を出しづらく、大学の友達同士の忘年会は、プーたちに会うと甘えて失恋への愚痴を言ってしまいそうな気がして、なんとなく忘年会には参加しなかったのだ。


 パピコは、穴に向かって、忘れたいことを叫んでみることにした。


 「1月! お正月の時間。おもちを食べすぎないようにね、と、年賀状が届きました。差出人は、実家に里帰りをしてたサリーでした。おもちを食べすぎた後だったから、私はサリーの年賀状を読むのがつらいほど、お腹が痛くて、救急車を呼んでしまいました。サリーが実家から飛んで帰って来てくれたのが、すごくうれしかったけど、素直になれずに、そっけなくしちゃって、その時のサリーの顔が、忘れられません。早く忘れさせてください」


 パピコは、穴の中に神様がいるかのように叫ぶ。


「2月! バレンタインデーの時間。私がサリーに作ったチョコレート、サリーに渡す前に、全部食べてしまったこと、早く忘れたいです」


「3月! ホワイトデーの時間。サリーが作ってくれたチョコレート、こっそりつまみ食いをしようとしたら、全部なくなりました。怒らずに笑ってくれたサリーの顔、忘れさせてください」


「4月! お花見の時間。サリーが私の顔ばかり見ていたので、不機嫌になってしまいました。ごめんなさい」


「5月! ゴールデンウィークの時間。サリーと遊園地に遊びに行きました。並んでる人を割り込んだ時、並んでたおばさんにこっぴどく怒られたけど、私の代わりにサリーがいっぱい謝ってくれました。だけど、途中でおばさんの顔がだらしなくなってきて、代償としてサリーの一日をくれと言ってきました。おばさんは若い男とデートがしたかったのです。あの一日は、一刻も早く忘れさせてください」


「6月! 梅雨の時間。家デートが続きました。一日中サリーと一緒にいるから、独特の、二人にしか通じない話が生まれました」


「7月! 七夕の時間。二人で短冊に願い事を書きました。サリーの短冊に書いてあった言葉、忘れさせてください」


「8月! (少し考えながら)紫外線浴びました」


「9月! 暴走する時間。サリーの右手には、フライパンじゃなくて、ダンベルが持たれるようになりました」


 サリーの声が、涙声になってくる。


「10月! 満月の時間。サリーが狼かもしれないと、疑いをかけてしまいました」


 サリーはなんとか声を絞り出す。


「11月・・・木枯らし一号の時間」


 その時、目の前が明るくなった。

 辺りを見回すと、警備員らしき人物が、懐中電灯でパピコを照らしていた。


 ヤバい。パピコに緊張感が走る。

 絶対にバレるわけにはいかない。

 新年一発目の新聞に、夜な夜な刑務所に忍び込もうとした女として、載るのは避けたい。


「そこで何をしてる?」


 警備員にそう聞かれ、パピコはとっさに、


「あの、この穴に、イタチを入れてみようかなって思って」


 と言った。


「イタチ?」


「はい、さっき通りかかったので」


 パピコは警備員に交番に連れていかれ、尿検査を受けた。

 尿検査をしている時、ラジオからゆく年、くる年が流れていた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます