暴走する時間

 大学で朝一に行われる発声練習中に、パピコが倒れた。

 パピコが目を開けたときには、自分の部屋のベッドで横になっていた。


「サリー、どうしたの?」


 朦朧とした意識の中でも、サリーの様子がおかしいことは、パピコの耳が聞き逃さなかった。

 いつもはシンバルを叩くように洗濯物をはたくサリーが、まるで何かのおしおきでもしているかのように、ベランダで洗濯物をはたく音を立てていたのだ。


「サリー、だいじょうぶ?」


 パピコはさっきよりも大きな声で声をかける。起き上がってみたが、頭が重い。

 パピコの声に気づいたサリーが険しい顔で中に入ってくる。そしてベッドの脇に来て、鬼気迫る表情でパピコに迫った。


「パピコにとって、俺ってなに?」


 世界一愛おしいヒモ。だけど、美しく例えるならば、


「メトロノームよ」


 サリーは細い腕でギュッとパピコを抱きしめた。トリルを弾くように細かく震えているのがパピコに伝わってくる。


「役立たずのメトロノームだよ。とっくに止まってた」


「後ろ向いて」


 パピコはサリーの背中でハンドルを回す仕草をする。


「これで大丈夫」


 メトロノームを巻き終えると、メトロノームの背中をぽんと押した。


「パピコ・・・」


 サリーは食事のリズムを、朝、昼、夜と炭水化物のリズムを整えてくれているのだが、今朝の朝食に炭水化物が入っていなかったらしい。それが原因で自分が倒れたことを、パピコは悟った。

 高みを目指しているヒモが愛おしくなり、パピコは思わずサリーの髪を撫でていた。

 サリーが目を伏せる。こんな角度で見せつけられると、長いまつ毛にも手を伸ばしてしまうでしょう?


「もう治ったんだから、昼ごはんにしよ?」


 早く支度してくんなきゃ、このご自慢のまつ毛引っこ抜くよ! パピコはお腹がすいてくると、乱暴な顔を覗かせる。


「パピコを送ってきたやつ、ゆるさん」


 サリーのまつげに触れたパピコの手が、ピクッと止まる。


「え?」


「あいつ、お前をお姫様だっこしてきやがった。数人がかりじゃなくて、たった一人で、たった二本の腕だけでお前を支えるのを見せつけてきたんだ。俺ができないことをあいつは・・・お前を最初にお姫様だっこするのは、俺だって決めてたのに!」


 初めて聞くサリーの野望に、パピコはうっすら感動を覚えた。


「決めた」


「え?」


「俺、筋トレに生きる」


「そっか」


 いいから早く飯を食わせろ!!!

 サリーの野望を聞いたところでパピコの腹は膨れない。

 感動を覚えてもそれとこれとは話が別だ。


 だがサリーはまだいいたいことがあるようだった。

 パピコは下を向いて空腹によるストレスを凌ぐ。


「パピコ?」


 サリーがパピコの手を取る。


「大丈夫、続けて?」


「俺、筋トレに生きる」


 うん、そこまでは聞いた。パピコは、サリーの手をぎゅっと握り返して、空腹で朦朧としてきた意識を保つ。


「だから、家事は頼む」


「へ?」


 ふいをつかれ、パピコはサリーの手をパッと離してしまった。


「もちろん、協力してくれるよね?」


 パピコはベッドに倒れこんだ。すると上からキスが降ってきた。


「腕枕も、俺が出来るようにがんばる」


 遠のく意識の中で、サリーがパピコの耳元でそう囁くのが聞こえた。

 腕枕はいつもパピコがする側だった。

 ダンベルは持たなくていいから。

 フライパンさえ握ってくれればいいの。

 パピコは声にならない声で言う。


「サンキュー、パピコ」


 応援されたと勘違いしているサリーの暴走を止めるには、炭水化物が足りなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます