最愛のあなたが、おれより先に死にますように

Nemesis

プロローグ

「ねぇ」

 白昼のテニスコート。試合を見ている夏帆の横顔に声をかけた。彼女は、私? という感じに少し首をかしげながら振り向いた。黒いつややかな長髪がふわりと揺れた。

「結婚しよ?」

 おれたち二人の近くにたまたま人がいなくなった一瞬をついての、渾身のプロポーズだった。

 夏帆は、なに言ってんだこいつ、とでも言わんばかりに眉間にしわを寄せ、即答した。

「お断りします」

 お断りしますと言われて、はいそうですかわかりましたで済むほど、おれは物分かりが良くはない。

「えーなんで?」

 一応聞いてみる。

「画数増えるので。めっちゃめんどくさいじゃないですか、齋藤って」

「ほう……」

 とっさにこんな理由を思いつくことに感心して、思わずため息が漏れてしまった。こういうユーモアも、夏帆の素敵なところだ。

 なぜだめだったんだろう。

 好きな人がいる?

 彼氏がいる?

 それもあるかもしれないが、多分だけど、おれと夏帆が今日初対面だということが大きいのではないだろうか。初めて会った相手にその日のうちにプロポーズされてオーケー出す女性の方が、きっと珍しい。

「齋藤さんってば!」

 夏帆は、むっとした表情をこちらに向けていた。振られた原因を色々考えていたせいで、夏帆がおれを呼んでいるのに気づかなかった。

「あ、ごめん。なに?」

「プロポーズしたくせに、相手の話、全然聞いてないんですね。次試合ですってよ」

 夏帆は、試合を終えたつっきーから、共用で使っているラケットを受け取ると、わざとらしく頬をふくらませてすたすたとコートに向かっていった。おれはベンチに置いていた自分のラケットを持って、慌てて彼女のあとを追いかけた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます