暗黒☆天国

空乙女

第1話 丘に上がる、命

 その生き物は、海の底からやってきた。


 雫ひとつ垂らさず水面に浮き上がり、照らす月を睨み付けるその生き物は、ダイアモンドの髪に大理石の肌をもち、鳥のような翼を背に生やしていた。雄とも雌ともつかない、中性的な顔立ちだ。どこかの学校の制服のような、真っ赤なオーバーオールスカートを身にまとっているが、濡れてはいない。五本指の細身の手には、同じく真っ赤なリボンを握っている。表面すれすれまで浮かぶと、生き物は周囲の波を微動だにさせず飛び立つ。その視線の先には、生き物が過去、共に過ごした仲間達の姿。

 その昔、生き物は、とある森に集まった有象無象の仲間たちと、悠久の時を過ごすはずだった。幸せな時がずっと続けばいいのにと思っていた。それを生き物は、自らの手で壊してしまった。

 今や生き物ははるか上空を翔んでいる。生き物が翼で風を切るたび、羽根がほろほろと散ってゆく。けれど生き物は気にしない。

 行き先はひとつなのだ。そこまでたどり着けたならば、翼なんか失ってもいい。たどり着けないならば、そんな翼はいらない。

 やがて海を越えると、緑に包まれた地上が見えてくる。ふと、何かを見つけたように、生き物は急降下を始める。そして手をまっすぐ前に差し出す。指先から桃色の電光が弾ける。生き物がその光を無理やり抉り取るように、全力で手を払う。 

 途端、世界が一変した。

 「……。」

 緑がたくさんあったはずの地上から、生き物の眼下に広がる、とある丸く森が囲う中にちいさな町があるといった地点を除いて、全てが荒廃した焼け跡のようになった。それが、先ほどまで緑のかたまりであったはずの場所の、だった。

 生き物は一直線に飛んだ。生き物の翼は既にほとんど羽根が抜け落ちてしまっていた。生き物の胴体にも、空間がゆらいでいるかのように歪みが生じるが、しかし生き物にとっては、目的を達成できたならば、それでよかった。

 地上近くまでやって来ると、生き物は驚いた。覚えのない白亜の建物が立ち並び、自らが過去を過ごした場所が見当たらない。くるくると見回すと、白亜の建物の建つ敷地の、その端にあずまやがあった。それが、生き物の目的地であり、約束の場所だった。

 生き物は地上に降り立ち、あずまやへと歩いて行く。最後のひと羽ばたきで、翼は失われた。見慣れたボロボロの建物は、あの日仲間達が必死で守り抜いたそのままの姿で残っている。

 昔、生き物や仲間の有象無象は全員で協力して真ん大きなテーブルをこしらえ、それを部屋の真ん中に据え、みんなで囲って、今日は何をしようか、と作戦会議をしていた。そして作戦を実行して遊び倒し、たくさんのことを身をもって学んだ。それが生き物にとっての日常で、永遠を願った生活だった。

 オレンジ色の夜明けが空を照らし始める。生き物の身体が、世界にとけてゆく。ほとんど消えかかった身体で、生き物はふと黒板を見た。このあずまやは元々、集まった有象無象のための学校として建てられたものだった。黒板に書かれた文字を見て、生き物は微笑み、そこにひとつ書き加えをした。そして、ほこりをもうもうと被った床に倒れ伏し、ひとつぶの冷たい涙をこぼした。

 それがこの、仲間たちに虹音と呼ばれ愛されたその日々を自ら壊し、海に身を沈めた清らかな生き物の、最期だった。


 夜が明ける。


 

 






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます