朽ちた空中庭園の片隅で、今日も魔法の歌が擦れて響く

作者 尾岡レキ

12

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?