タワゴト/ザレゴト

タワゴトを

ザレゴトを


君は

なんでそんな顔して

希望を語るのさ?


このゼツボウしかないら

城の主の前でさ


あの日、あの時の言葉が

妙に突き刺さって

夢見が悪くて

なんとなく思い出して

目が覚めた


ここまで来て

カランコロン

杯の中に

石を投げ入れてさ

砕いて

砂にして

飲み干すのよ


嗚呼、何もかも

遅い、ニガイ


それなのに

君は

なんでそんな顔をして

希望を語るのさ?


たった1人で

ここまで来たと

勘違いしてね

無謀にも

夢を履き違えて

極論と絶望で表現しようとする


殺伐とした世界に

最早、正解はないと

疑いの眼差しで


君の手をはねのけた


それでも

君は

なんでそんな顔をして

希望を語るのさ?


あの日、あの時の言葉が

妙に突き刺さって

夢見が悪くて

なんとなく思い出して

目が覚めた


色々なことが遅くて

ココまで来てしまってから

無邪気に笑っていたあの日のことを

思い出して


色々なことが遅くてさ


あの日、あの時の言葉が

妙に突き刺さって

夢見が悪くて

なんとなく思い出して

目が覚めた


色々なことが遅くて

ココまで来てしまってから

無邪気に笑っていたあの日のことを

思い出して


色々なことが遅くてさ


灰色の世界

モノクロームで

殺伐として

光なんか射さない

枯れ果ての大地に立って


君は

なんて顔して

希望を語るのさ?


色々なことが遅い

遅くない、遅すぎる

遅くない、花占い


タワゴトを

ザレゴトを


君は

なんでそんな顔して

希望を語るのさ?


このゼツボウしかない

城の主の前で

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます