第16話 「はいっはいっはいっ、はいーーーい!」

 


 正確な発音は、「エッエッエッ、エーー!」に近い。


 テンションがあがったときのB店長の掛け声である。



 で、これを、面白いのでぼくが真似した。


雲江「はいっはいっはいっ、はいーーーい!」


 するとB店長不機嫌そうになる。


B店長「そんな下品じゃありません」



 上品なつもりなのかよっ!


 嫌味で毎回真似してやった。


雲江「はいっはいっはいっ、はいーーーい!」



 すると、B店長、この掛け声をやらなくなってしまった。でも、楽しいからぼくが真似をつづけていると、ある日ノリちゃんがちょっと機嫌悪そうにこう言ってきた。



ノリ「雲江さんが真似するから、B店長が言わなくなったじゃないです。あたし、オリジナル聞いたことないんですけど」


 どうやらノリちゃんは、本物の「はいっはいっはいっ、はいーーーい!」が聞きたいらしい。

 だから、おめー言うのやめろ、と。



 実は注意して聞いていると、油断してB店長思わず言っちゃってることもあるんだが、まあそういうことなら、しばらく封印しておきましょうと、現在自粛中である。



 果たして、ノリちゃんが、B店長の「はいっはいっはいっ、はいーーーい!」を聞く日がくるのか否か……。


 そのときは、ご報告いたします。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る