セカンドバベルの下で

作者 椚屋

第20話 欲しいもの、失ったもの」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 定番といえば定番。
    でもやっぱり、好敵手同士が共闘する流れは、ワクワクしますね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    好敵手が登場する作品では定番な流れではありますが、異なる立場の人物が手を組んで立ち向かう展開、とても好きなので拙作にも盛り込みたかった部分の一つです。

    2018年10月11日 03:23