さいきっく☆ついんず!~二人は超能力ガール~

作者 深水映 (ふかみえい)

18

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

オシャレ大好きなサナと、サッカー少女のユナ。性格が正反対な二人は、小学生の双子の女の子。
この物語はそんな二人が、ふとしたことから超能力が使えるようになるお話です。

超能力マニアの学級委員や、転校してきたハーフイケメンなど、登場人物がみんな個性的。自分達が用能力者であることを隠しながら、友達とワイワイ騒ぐ姿がとても可愛い。また、サナとユナの性格が正反対なのも良いですね。
真逆の二人で衝突する事もあるけれど、どこか通じ合っている。トラブルに見舞われても二人で協力して立ち向かい、乗り越える姿は爽快感があり、夢中になって読むことが出来ました。

小学生のお話ですけど、大人が読んでも十分面白いです。

★★★ Excellent!!!

 登場人物が、皆、個性的で、そこがいい。
 サナはどこか自分をよく見せようとしているけれど、微妙にずれているところがいいし、ユナはボーイッシュであることに個性を感じつつも、女の子らしさをかすかに感じさせるところがあって、そのあたりに萌える。
 蛍ちゃんは思わず保護者になりかけてしまうほどかわいいし、王子はどこかつかみ所がないように見えて、実はすごいことをやっていて驚いた。うむ、それなら仕方ない。
 総一郎は、完璧超人のくせに、どこかピントが外れており、そこが魅力的。そこはかとなくギルバート・プライスの空気を感じる。

 多分、子供の頃に読んでいたら、素直にこのメンバーに入って、いっしょに学級新聞を作ったり、遊園地に遊びに行ったりするところを想像できたんじゃないかな。物語を読むだけでなく、その中に入っていけたと思う。
 おもしろかった。

 あ、私のお気に入りはロベルタさんです。いや、素晴らしい。ぜひとも目面倒を見ていただきたい。