才能と志望が不一致な小野寺勇吾の苦難 -想い出という名の記憶の架け橋-

作者 赤城 努

3

1人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?