狷介不屈の黒歴史掘り《ラズベーチク》

作者 acht

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第四十四話 工作での原則禁止事項へのコメント

    こんばんは。
    随所随所に盛り込まれた情報やネタに一人ニヤニヤしていました。細かい事が気になってしまう、僕の悪い癖。
    作品紹介の部分にあった「諜報に市民権を」の文言に「いいなぁ」と感じた者です。日本では「インテリジェンス」と言ったら漠然としたマイナスイメージしか無いでしょうが、大部分は地味ですよね。シギントやイミントは派手故に周知されていても、オシントやヒューミントは存在自体知られていない場合も。”殺しのライセンス”はまた別物。本作では「インテリジェンス」を親しみ易く描かれており、ここまで楽しく読ませて頂きました。
    情報の分析と収集が分離していない、所謂”バイアス”にCIAは長らく悩まされた事がありましたが…日本では内調の首相報告がそれに当たるでしょうか?膨大なインフォメーションから精鋭の分析官がインテリジェンスへ仕上げていく。例えが分かり易くて良いと感じました。で、(その情報は)食えるのか?
    長文失礼致しました。応援してます、頑張って下さい。

    作者からの返信

    コメント有難うございます。

    最近のインテリジェンス関連本ですと元防衛省分析官の上田篤盛氏が積極的に本を出しているのですが、氏は「日本国民のインテリジェンス・リテラシーの向上を!」の思いを胸に執筆しているとのことです。
    一般書籍ですと40歳以上がメインになるかと思いますので、ならば私は若年層のインテリジェンス・リテラシーの向上を図ろうと思い、このラノベを書いています。
    また、昨年の冬に某大型同人即売会でインテリジェンスの薄い本を出したところ好評でした。ネットや同人と草の根運動的ではありますがインテリジェンスの地位向上に寄与していきたいと思っております。

    バイアスについてですが、CIAの本ではこれでもかというほど出てきます。相当痛手を負ってきたのだと思います。尋問においてもバイアスに囚われて質問すべきことをしなかったりと、分析のみならず情報収集にも大きな影響があるそうです。

    これからも、分かりやすくも知ってる人はニヤリとするものを書いていきたいと思います。

    2019年9月6日 22:16

  • すべてのエピソード 1
  • 参考文献
  • 第一話 屋上でのブリーフィング
  • 第二話 シギント
  • 第三話 INTs(情報収集手段)
  • 第四話 ダブルチェック
  • 第五話 類似性の原理
  • 第六話 自己呈示
  • 第七話 追跡
  • 第八話 取り押さえ
  • 第九話 お食事会へのご案内
  • 第十話 人柄を知るには
  • 第十一話 協力者としては
  • 第十二話 ステレオタイプイクナイ
  • 第十三話 バイアス
  • 第十四話 意図は悟られてはいけない
  • 第十五話 スリーパー
  • 第十六話 ランチョン・テクニック
  • 第十七話 父親に確認
  • 第十八話 ステークアウト
  • 第十九話 エンゲージ
  • 第二十話 インターナルディスコード
  • 第二十一話 取引
  • 第二十二話 決着
  • 第二十三話 反撃
  • 第二十四話 抑止力
  • 第二十五話 緊急連絡
  • 第二十六話 即興のプラン
  • 第二十七話 矛先変更
  • 第二十八話 操り人形
  • 第二十九話 決心
  • 第三十話 釣り針戦術
  • 第三十一話 宣言
  • 第三十二話 解説
  • 第三十三話 初対話
  • 第三十四話 尋問
  • 第三十五話 一服
  • 第三十六話 交渉時の攻めとは
  • 第三十七話 協力者を作る作法
  • 第三十八話 示威
  • 第三十九話 レク(チャー)
  • 第四十話 レク(チャー)2
  • 第四十一話 レク(チャー)3
  • 第四十二話 改めてお礼
  • 第四十三話 交渉
  • 第四十四話 工作での原則禁止事項 1
  • 第四十五話 秘密戦は至誠なり
  • 第四十六話 欺瞞行動
  • 第四十七話 テスト対策
  • 第四十八話 レゲンダ
  • 第四十九話 潜入
  • 第五十話 フット・イン・ザ・ドア
  • 第五十一話 問いの設定
  • 第五十二話 提案
  • 第五十三話 正式な訪問
  • 第五十四話 説得セリフ
  • 第五十五話 公認
  • 第五十六話 アライアンス
  • 第五十七話 自己抑制と客観性
  • 第五十八話 説得セリフの肯定
  • 第五十九話 クライアント?
  • 第六十話 参集