40.「お兄ちゃん、起きて、朝だよ」

「お兄さん、起きて下さーい」


ゆさゆさと僕の肉体をゆらす力によって僕は覚醒した。


「おはよう、お兄ちゃん」


「おはようございます。お兄さん。」


寝ぼけ眼の僕に二人は覗き込む様に顔を近づけて朝の挨拶をした。


「うん、おはよう。千尋ちゃん、千歳ちゃん。」


まだ眠気が覚めない頭で二人に挨拶を返す。


とりあえずは顔を洗おう。


僕は洗面所に向かい、顔を洗った。


洗面所から出ると、ちゃぶ台には食事が用意されていた。


「お兄ちゃん、朝御飯ごはんだよ。」


自称妹は手招きする。


「千尋さんは、朝御飯の用意もテキパキ用意するんだねー」


「や、その、お兄ちゃんと一緒に住んでて、食事担当だったから」


「あはは、良いお嫁さんになりそうだわー。女子力高ーい」


「へぇっ!?お嫁さ・・・」


顔を赤くする自称妹。


こいつ、いつも自称従兄弟にてきとーな事言われて顔を赤くしているな。


「さあさあ、メシにしよう。メシメシ。」


僕は早くご飯を食べたかったので二人を急かせた。


「「「戴きます」」」


三人で手を合わせて飯にする。


朝御飯は簡単な物だ。


味噌汁にさんまの焼き魚に簡単なサラダに目玉焼き。


しかし、独り暮らしで自分で用意するとなると、


こんな何品もオカズを用意出来ない。


てきとーに茶漬けか納豆にして、オカズも冷凍食品一品のみだ。と考えると、かなり贅沢な朝食である。


「いつも、食事の用意、有難うなあ、千尋ちゃん」


僕は素直な感謝の気持ちを表した。


「え・・・、そんな、私、お兄ちゃんの家の居候だから、当たり前の事しただけだよ」


照れてる自称妹。


「あははー、流石お兄さんの妹さんですねー!」


あはあはと自称従兄弟も自称妹を誉めている。


誉められて照れ困っているのか、自称妹は縮こまるように無言で俯いた。


「さあさ、食べましょうよ、お兄さんは通勤時間があるんだから」


自称従兄弟は僕を気遣って急かしてくれた。


パクパクと飯を頬張っていく。


旨い旨い。


「どう?、お兄ちゃん?」


「旨い、旨いよ」


そう言うと、自称妹はほっこりと微笑んだ。




その後は軽くシャワーを浴び、出掛けた。


出掛ける際


「「いってらっしゃい」」


と自称妹と自称従兄弟に送り出された。


いつもより、声が一つ増えて新鮮だった。


・・・いつも・・・か。


自称妹が居る事が『いつも』になってしまってるな。


きっと自称従兄弟の事も『いつも』になるだろう。


変わってしまった僕の通勤風景。


しかし、足取りは妙に軽いものだった。


「ああ、有難う。」


僕はちゃぶ台前に座った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます