身の覚えの無い妹が出来てしまった。しかも、誰も存在を認知できないんだから驚きだ!いやーどうしよう、HAHAHAHAHA!!・・・どーすんのよ、マジで・・・。

がおー

1.「疲れた体で家に帰れば」

社会という環境はとても嫌なものでダルくてツラくて退屈で胃を掻き乱されるばかりで疲れる。


一日一日を過ごす事が過酷で終わりの無いサバイバルである。


僕は、そんな風にうんざりしながら、今日もようやく仕事が終わったと、会社を出て帰路についている、どこにでもいる、フツーの成人男性だ。


あの積みプラモを作ろうか、いやでも、気力が沸かないなあと思いながら、アパートのドアの鍵を開けると


「お帰りなさい!お兄ちゃん!」 とセーラー服を着た少女が抱きついて来た。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます