第四十七話 九尾の命火

「九尾の命火を、手で?」


 柚月は、目を見開き、戸惑っている。

 炎尾は、信じられない言葉を口にしたのだ。

 九尾の命火を手で取ってみせろと。

 それが、試練だと。

 朧達も、戸惑いを隠せず、言葉を失ってしまう。

 そんな事をしたら、どうなるか、目に見えて分かるからだ。


「そうだ。九尾の命火は、害をなすものを焼き尽くすが、害をなさないものと認められたなら、触れる事は、可能だ。もし、九十九の事を、明枇の事を、想っているのであれば、九尾の命火を手にしてみろ」


 炎尾曰く、九尾の命火に触れたものは、焼き殺されるか、手に取るかのどちらかだという。

 柚月が、九尾の命火に認められたなら、九尾の命火を手に取ることができるだろう。

 だが、もし、柚月が、害をなすものだとみなされてしまったら、瞬く間に、柚月は、焼き尽くされ、灰となってしまうのだ。

 炎尾は、柚月が、本当に信じるに値するか、見極めようとしているのだろう。


――お父上、それは……。


「できなければ、九尾の命火は、渡さん」


 明枇は、柚月の身を案じて、炎尾に呼びかける。

 制止させようとしているのだ。

 このような試練を柚月に受けさせたら、柚月は無事ではすまない。

 重度のやけどを負ってしまうか、最悪の場合、死に至るだろう。

 だが、炎尾は、提案を変えようとはせず、柚月の答えを待った。

 試練を受けるか、あきらめるのか……。

 柚月は、選択を迫られていた。


「に、兄さん……」


 朧は、柚月の身を案じる。

 予想できたからだ。

 柚月は、必ず、試練を受けると。

 だが、それでは、柚月の身に危険が迫る。

 回避することは不可能に等しいだろう。

 となれば、自分が、柚月の代わりに、試練を受けるしかない。

 そう判断した朧は、名乗り出ようとしていた。

 しかし……。


「わかりました」


――え?


「九尾の命火を手にしてみせます!」


「柚月!」


 朧が、名乗り出る前に、柚月は、試練を受ける事を承諾してしまった。

 九尾の命火を手にすると決意して。

 明枇は、驚愕し、綾姫は、慌てて、柚月を制止させようとした。

 だが、柚月の決意は、固い。

 覚悟を決めたのだろう。

 朧は、そう感じ取っていた。


「またぬか!もし、九尾の命火に触れたら、お主は……」


「そ、そうっすよ!考えたほうがいいっすよ!」


 春日と真登は、考えを改めるように、説得を試みる。

 それほど、柚月の身を案じているのだ。

 やけどを負う事は、春日も真登も、目に見えて分かるのだから。


「ありがとう。けど、俺なら、大丈夫だ」


「根拠は?君、死ぬかもしれないんだよ?」


 柚月は、大丈夫だと、春日と真登に告げる。

 しかも、笑みを浮かべてだ。

 なぜ、笑っていられるのだろうか。

 恐怖心はないのだろうか。

 春日も真登も、柚月の真意が、読めず、困惑した。

 柘榴は、あきれた様子で、問いかける。

 なぜ、大丈夫だと言い切れるのか、理解できないからだ。

 死ぬ可能性もあるというのに。


「根拠なんてない。伝えればいいだけの事だ」


「は?」


 柚月は、柘榴の問いにきっぱりと答える。

 自分は、大丈夫だと言い切れる根拠などない。

 だが、代わりに、伝えればいいだけなのだと。

 柘榴は、目を見開き、あっけにとられてしまう。

 何を言っているのか、理解ができずに……。


「俺が、害をなすものじゃないって伝えればいい。それだけだ」


「……はは。柚君って、面白いね。やってみなよ」


「ああ」


 柚月は、言いきってしまう。

 九尾の命火に、自分が、害をなすものではないと伝えるつもりなのだ。

 なんと、無防備な事を言うのであろうか。

 柘榴は、あきれてものも言えないほど、言葉を失っている。

 そう思うと、柘榴は、なぜか、笑みを浮かべてしまった。

 恐ろしい事を言い放つ柚月に対して、笑えてしまったからだ。

 柚月なら、本当に、試練を乗り越えられるのではないかと思えて。


「本当、兄さんは、無茶ばっかり」


「お前が言えることか?」


「……そうだった」


 朧は、あきれた様子で、柚月に語りかける。

 無茶ばかりすると。

 だが、柚月は、反論する。

 以前、自分が、朧に言われた言葉をそのまま使用して。

 朧は、何も言い返せず、観念した様子で、うなずいた。

 誰も、柚月を止める事はできないのだと悟って。


「無理するなよ、兄さん」


「ああ」


 柚月は、静かに、歩き始める。

 九尾の命火の元へと。

 朧は、柚月の背中を見守るしかなかった。

 無事であってほしいと祈りながら。


「綾姫様……」


「信じましょう。柚月なら、大丈夫って……」

 

 夏乃は、不安に駆られた様子で、綾姫に語りかける。

 綾姫は、柚月を信じようと夏乃に語りかけ、彼女の不安を取り除こうとした。

 だが、夏乃は、気付いてしまったのだ。

 綾姫の手が震えている事に。

 恐怖や不安が綾姫に襲い掛かっているのだろう。

 柚月が、死んでしまうのではないかと。

 それでも、綾姫は、負の感情を押し殺している。

 誰にも悟られまいと。

 夏乃は、一呼吸して、心を落ち着かせる。

 自分も、柚月を信じるしかないのだと、心の中で、言い聞かせながら。


「い、いいんでしょうか、本当に」


「わかりませんわ。でも、信じるしかありませんわよ」


 時雨は、おどおどした様子で初瀬姫に問いかける。

 そんな時雨に対して、初瀬姫は、わからないと告げた。

 どうなるかなど、誰にも分らないのだ。

 だが、今は、柚月を信じるしかない。

 そう、自分に言い聞かせるしかないのだ。

 だが、初瀬姫も、心の中では、不安に駆られているのであろう。

 いつも、強気な初瀬姫でさえも、声が震えている。

 初瀬姫の心情を読み取ってしまった時雨は、これ以上、何も言えず、ただ、柚月を見守るしかなかった。

 ついに、柚月は、九尾の命火へとたどり着く。

 ゆっくりと、九尾の命火に触れた柚月。

 だが、九尾の命火は、容赦なく、柚月の手を焼き尽くさんと襲ってきた。


「うっ!」


「兄さん!」


 柚月は、苦悶の表情を浮かべ、うめき声を上げてしまう。

 激痛が、襲い掛かっているのだろう。

 柚月は、手が九尾の命火に焼かれているのを感じる。

 それでも、柚月は、手をひっこめるつもりはない。

 だが、今にも、九尾の命火は、柚月を焼き殺してしまいそうだ。

 やはり、この試練は、無謀ではないのであろうか。

 このままでは、柚月は、焼き殺され、灰となってしまう。

 そうなる前に、強引に、柚月を引き下がらせるしかない。

 誰もがそう思っていたその時であった。


「お前なら、試練を乗り越えられる!見せてみよ!炎尾達に、お前の覚悟を!」


「光焔……」


 光焔は、柚月に向かって叫ぶ。

 まるで、柚月を叱咤するように。

 光焔は、信じていたのだ。 

 柚月なら、試練を乗り越えられると。

 光焔の姿を目にした朧は、徐々に不安を取り除き始めた。

 自分達が、柚月を信じなければならないのだと、思い知らされて。


「そうよ、柚月!貴方ならできるわ!」


「私達は、信じていますから!」


 綾姫と夏乃も、柚月に向かって叫ぶ。

 光焔の懸命な姿を目にして、考えを改めたのだ。

 柚月を支えなければならないと。

 不安に駆られている場合ではないのだと。

 柚月は、試練を乗り越えようとしているのだから。


「そうじゃ、目にもの見せてやれ!」


「試練を乗り越えてくださいまし!」


「ぜ、絶対に、大丈夫ですから!」


 続いて、春日、初瀬姫、時雨が叫ぶ。

 彼らも、柚月を支えるのだと決意して。

 これが、自分達にできることなのだと、気付いて。


「負けるなっすよ!柚月!」


「証明してやりなよ!この石頭達にね!」


 続いて、柘榴と真登が、叫ぶ。

 柚月を叱咤するように。

 あるいは、喝を入れるかのように。

 柚月を信じているのだろう。


「兄さん!何が何でも、掴み取れ!」


 最後に、朧が、柚月に向かって叫ぶ。

 もう、恐怖や不安などなかった。

 だからこそ、朧達は、柚月を励まし、支えようと決意したのだ。

 朧達の声が、届いたのか、柚月は、激痛に耐えながらも、包み込むように、九尾の命火に触れる。

 九尾の命火は、柚月を拒絶するかのように、激しい炎を燃やし続けた。

 それでも、柚月は、引き下がることはなかった。


――俺は、九十九を復活させたい!人も、妖も、和ノ国も、救いたい!だから……力を貸してくれ!九十九!


 柚月は、強く願う。

 もう一度、九十九に会いたい。

 九十九と共に戦い生きたい。

 そして、全てを救いたいと。

 その時だ。

 柚月は、九十九の存在を感じ取った。

 幻かもしれない。

 現実から目をそらしているだけかもしれない。

 だが、それでもいい。

 九十九も、自分と共にいると今は、感じられるなら。


「おおおおおおおおっ!!!」


 柚月は、雄たけびを上げながら、九尾の命火の中へと手を入れる。

 すると、柚月の想いに呼応したように九尾の命火が、柚月を包み込んでしまった。

 息を飲む朧達。

 だが、不安に駆られた様子はない。

 不思議ではあったが、柚月は、無事であると確信を得ていたのだ。

 九尾の命火が静まると柚月と一人の女性が現れる。

 白銀の耳と尻尾を生やした美しい女性の妖狐が。

 宝石が埋め込まれたかのような美しい白銀の瞳を持つ女性は、妖艶に微笑んでいた。


「な……に……」


――まさか、こんなことが……。


 炎尾も明枇も、驚愕し、動揺を隠せない。

 今、起こっている現状を受け入れられないかのようだ。

 朧達は、何が起こったのかさえ、見当もつかなかった。


「大した男よ。これでは、認めるしかあるまいな」


「あ、あなたは……」


 女性は、笑みを浮かべながら語りかける。

 だが、その様子は、柚月に敵意を向けているようではない。

 ただ、優しく、観念したかのようであった。

 状況を把握できない柚月は、あっけにとられながらも、女性に尋ねた。

 彼女は、何者なのだろうか。


「我が名は、たまもひめ。妖狐を束ねる者、妖狐の始祖と言ったほうがいいかもしれぬな」


「たまもひめ?」


 女性は自身の正体を明かす。

 彼女の名は、たまもひめと言うらしい。

 しかも、妖狐の始祖だというのだ。

 おそらく、妖狐の頂点に立つものなのであろう。

 そのたまもひめが、九尾の命火と化していたとは、誰が、予想できたであろうか。


「そなたの想い、確かに受け取ったぞ」


 たまもひめは、柚月に告げる。

 まるで、彼を認めたかのように。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます