第四十六話 明枇が信じた理由

 明枇が、戻ってきた理由を告げた途端、炎尾は、険しい顔をし始める。

 まるで、九十九に対して、嫌悪感を抱いているかのように。


「九十九……。あの忌々しい男の息子か」


――私が愛した人の息子です。


 炎尾は、八雲の事を忌々しい男と罵る。

 八雲に対して、いい印象を抱いていないようだ。

 それもそうであろう。

 明枇は、八雲を愛したがゆえに、里を出たのだ。

 炎尾は、八雲が、自分から明枇を奪ったと思い込んでいるのであろう。

 それゆえに、八雲の子である九十九に対しても、憎んだ様子を見せたのだ。

 だが、それでも、明枇は、八雲の事を愛した男と告げた。


「あの男のせいで、掟にそむいて、あの男を愛したせいで、お前は、里を追いだされたのだろう!あの男のせいで、お前は、命を落としたに過ぎないのだぞ!」


 炎尾は、罵倒し始める。

 明枇が、里を出た後のことまで、知っているようだ。

 里を追いだしたのは、炎尾ではあるが、それは、明枇が、掟にそむいたからだ。

 それゆえに、明枇は、里を出た。

 そして、命を落としたのだ。

 もし、明枇が、八雲と出会わなければ、里で静かに暮らしていたに違いない。

 明枇が、命を落とすこともなかった。

 炎尾は、そう思っているのだろう。


――……私は、後悔していません。


「何?」


 明枇は、炎尾に告げる。

 後悔していないと。

 八雲を愛したことも、里を出た事も、命を落とした事も。

 だが、炎尾は、怒りを露わにする。

 理解できないのだ。

 なぜ、明枇は、後悔していないのかが。


――八雲様と出会い、九十九と過ごした日々は、私にとっては、大事な日々です。ですから、後悔など決してしません!


 明枇は、後悔するはずがなかった。

 幸せだったからだ。

 八雲と九十九と過ごした日々は、かけがえのない日々だ。

 故郷を追われても、得たものはある。

 もちろん、なくしてしまったものもあるが。

 それでも、明枇は、彼らと出会えてよかったと、今も、心の底から思っていた。


「久しぶりに帰ってきたかと思えば、戯言を……」


 炎尾は、明枇に反論するが、どこか、寂しそうだ。

 それ以上は、何も言わなかった。

 明枇の話を聞く気になったのかもしれない。

 炎尾は、うつむきながら、ため息をつき、明枇へと視線を向けた。


「それで、九十九を復活させるために来たとはどういう意味だ?あの男は、消滅したのだろう?」


 炎尾は、明枇に問いかける。 

 九十九が、消滅してしまった事も、知っていたようだ。

 それゆえに、どうやって、復活させるというのであろうかと、疑問を抱き、明枇に尋ねたようだ。


――方法はあります。九尾きゅうび命火いのちびを分け与えてほしいのです。


「九尾の命火だと?」


 明枇は、炎尾に説明する。

 九十九を復活させるために、九尾の命火を分けてもらおうと考えていたようだ。

 おそらく、九尾の命火は、中央の灯台に灯っている白銀の炎の事であろう。

 そこから、強い力を感じるのだ。

 妖気と言うより、聖印に近い力を。

 「九尾の命火」と言う言葉を聞いた炎尾は、ピクリと眉を動かした。


――はい、九尾の命火があれば、あの子は、復活します。ですから……。


「ならぬぞ!」


 明枇が、懇願しようとする前に、炎尾が、声を荒げて、反対する。

 明枇は、思わず、体を跳ね上がらせ、身を硬直させてしまった。

 炎尾の様子をうかがっていた柚月達も、警戒し始める。

 それほど、彼の顔は、鬼のように、恐ろしい顔をしていたのだ。


「あの男の為に、たまもひめ様のお力を奪うつもりか!そのような事、させるつもりはない!」


――奪うのではありません!ほんの少しだけ、分け与えていただきたいのです。どうか……。


「ほざけ!」


 炎尾は、声を荒げる。

 どうやら、九尾の命火は、「たまもひめ」の力によって灯されているようだ。

 それを、明枇が奪おうとしていると思い違いをしているのだろう。

 明枇は、心を落ち着かせながら、説得を試みる。

 だが、興奮しているのか、炎尾は、怒りを露わにし、九尾の炎を明枇に向けて発動してしまった。

 白銀の炎が、明枇に迫る。

 その時だ。

 柚月が、前に出て、八咫鏡で、九尾の炎を防いだのは。


「なっ!」


 炎尾は、驚愕し、凝視する。

 まさか、人間である柚月が、明枇を守るとは、思ってもみなかったのであろう。

 なんとか、八咫鏡で九尾の炎を防いだ柚月。

 だが、八尺瓊勾玉で、九尾の炎を吸収しなかったようだ。

 もし、九尾の炎を吸収したら、炎尾は、間違いなく、力を奪われたと勘違いしてしまうだろう。

 柚月達は、力を討罰つもりなど毛頭ないのだ。

 それゆえに、八咫鏡で防ぐしかなかった。

 だが、防ぎきれなかったがために、柚月は、体にやけどを負ってしまった。


――柚月……。


 明枇が、心配そうな表情を浮かべて、柚月を見る。

 それでも、柚月は、引き下がるつもりはない。

 自分も、説得しなければならないと、感じたのだろう。

 そうでなければ、炎尾も、妖狐達も、人間を認めるはずがなかった。


「話を聞いてください。九十九を復活させなければ、和ノ国は、滅んでしまうのです!彼の力が、必要なんです!」


「人間の言葉など信じるつもりなどない!」


 柚月は、説得を試みる。

 だが、炎尾は、形相の顔で、柚月をにらみつけ、感情に任せて、再び、九尾の炎を発動した。

 柚月達は、九尾の命火を利用していると勘違いしてしまったのだろう。

 炎尾は、柚月達を信じるつもりは、毛頭ない。

 このまま、焼き殺すつもりだ。

 柚月は、瞬く間に、九尾の炎に、包まれてしまった。


「くっ!」


 炎に包まれ、再び、火傷を負った柚月は、顔をゆがめる。

 再び、九尾の炎を発動されてしまったら、重度のやけどを負ってしまうだろう。

 だが、柚月は、ひるむつもりはなかった。

 ただ、炎尾や妖狐達と話をしたかったのだ。

 自分達の想いを伝えたくて。


「兄さん!」


 柚月の危機を察した朧達は、柚月の元へと集まる。

 綾姫と初瀬姫が、聖印能力を発動して、柚月のやけどを治し始める。

 朧達は、柚月と明枇を守るために、二人を囲んだ。

 もちろん、武器を手に取り、構えるつもりはない。

 朧達も、ただ、炎尾達と、話がしたい。

 それだけだった。


「なぜ、その刀を抜かぬ?その鏡で、私を倒せると思うておるのか?」


「あなた方は、俺達、人間を信用できないのは、分かります。ですが、俺達は、貴方達を傷つけるつもりはありません!あなた方と話がしたいのです!」


「戯言を!」


 炎尾は、柚月に問いかける。

 なぜ、刀を抜こうとしないのか。

 彼らは、戦うつもりなどないのだろうか。

 炎尾は、理解できず、混乱してしまう。

 柚月は、もう一度、説得を試みる。

 炎尾達と話がしたいと。

 だが、炎尾は、柚月の話を信じるつもりはなく、再度、九尾の炎を発動し、今度は、朧達が、柚月を守る。

 武器を手にすることなく。

 しかし、綾姫が、とっさに、結界を発動し、炎を防ぎきる。

 そうしなければ、朧達は、重度のやけどを負っていただろう。


「娘をたぶらかした人間の言う事など信じるか!お前も、明枇も、全員、焼き殺してくれるわ!」


 炎尾は、怒りに任せて、何度も九尾の炎を発動する。

 初瀬姫も、結界を発動させ、炎を防ぎきる。

 柚月も、前に出て、八咫鏡で、炎を防ぎきろうとしていた。

 しかし、炎尾は、容赦なく、九尾の炎を発動し続ける。

 その時だ。

 光焔が、光を発動し、炎尾の九尾の炎を打ち消した。

 柚月達を守るために。


「光焔!」


「光焔?この者が……」


 光焔の名を聞いた炎尾が、急に、動きを止める。

 炎尾は、知っているようだ。

 光焔の正体を。


「落ち着くのだ。ここで、殺しては、明枇の本心を聞くことは、二度とできなくなるぞ」


「……」


 光焔は、落ち着いた様子で、炎尾を諭す。

 炎尾は、ただ、黙ったまま、光焔へ視線を向けた。

 複雑な感情を抱いた様子で。

 そして、炎尾は、ため息をつき、明枇に問いかけた。


「明枇よ、なぜ、人間を信じられる?」


――彼らは、私をたぶらかしてなどおりません。彼らは、信じられます。私の息子を……九十九を仲間として、受け入れてくれたのだから。あの子が、あの子の愛する子を……柚月と朧の姉である椿を殺したとしても!


 明枇は、語り始める。

 なぜ、人間を信じられるのか。

 彼女も、最初は、人間を、聖印一族を信じてなどいなかったのだ。

 だが、朧は、九十九を友として受け入れてくれた。

 最初、九十九を憎んでいた柚月も、九十九を理解し、彼を仲間として認めてくれた。

 たとえ、二人の最愛の姉・椿を九十九が殺してしまったとしても。

 柚月達は、それすらも受け入れ、九十九を何度も救ってくれたのだ。

 それを、九十九のそばで見てきたからこそ、明枇は、柚月達を信じたのであった。


――だから、私は、信じたのです!この子達を……。


 明枇は、炎尾に強く伝えた。

 自分の本心を。

 炎尾は、黙って、聞いていた。

 まるで、彼は、葛藤しているように、柚月達は、思えてならなかった。


「確かに、俺達の願いの為に、大切な九尾の命火を奪われると考えているのでしょう。ですが、俺達は、九十九に会いたい。そして、守りたいんです!人も、妖も。俺たちの手で!」


 柚月も、炎尾に伝える。

 九十九に会いたいと。

 全てを守りたいのだと。

 柚月達の想いを聞いた炎尾は、静かに目を閉じ、深く考え、ゆっくりと目を上げて、柚月達へと視線を向けた。


「愚かな者よ。お前も、明枇も」


――お父上……。


「よいだろう。九尾の命火をお前達にくれてやる。だが、柚月、お前に試練を課す」


「試練?」


 炎尾は、柚月達の事を愚か者と言いつつ、彼らを認める。

 感じ取ったのだろう。

 柚月達の強い想いを。

 だが、炎尾は、柚月に試練を課すと言い放った。

 明枇は、炎尾に尋ねる。

 柚月になんの試練を課すというのであろうかと、不安に駆られて。


「そうだ。あそこにある九尾の命火をお前の手で取ってみせるがよい」


 炎尾は、中央の灯台に置かれてある九尾の命火に目を向ける。

 なんと、柚月に、素手で九尾の命火をとってみろと告げたのであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます