第六話 愚かな人間

 柚月が捕らえられてしまった事を知った勝吏と月読は、柚月を助ける為に、監視していた隊士達を説得して、部屋から抜け出すことに成功する。

 そして、静居がいる部屋に突入した。

 何事かと問いただす静居であったが、勝吏と月読は、無言で静居の前に立った。

 そして……。


「軍師様、お願いです!」


「柚月の話を聞いてください!」


 勝吏と月読は、正座して座り、首を垂れる。

 柚月の話だけでも、聞いてほしいと懇願したのだ。

 だが、静居の目は、冷酷だ。

 とても、二人の懇願を受け入れる表情ではない。

 それを知っているのか、夜深は、冷静な表情を浮かべて、二人を見下ろしていた。


「ならぬ、あ奴は、凶悪な妖を解放したのだ。これは、重罪だ。しかも、弟である朧を利用してな」


「し、しかし……」


 やはり、静居は、彼らの懇願を受け入れなかった。

 勝吏も月読も想定していたのだ。

 今の静居は、柚月を解放しようなどとは、微塵も思っていない事に。

 それでも、勝吏達は、賭けに出たのだ。

 だが、結果は、失敗だった。

 静居は、柚月を処罰するつもりのようだ。

 勝吏は、動揺してしまうが、ここで、ある賭けに出た。


「ならば、私を処罰してください!これは、私の責任です!」


「勝吏様!」


 勝吏は、柚月を助ける為に、自分を処罰してほしいと懇願する。

 これには、月読も驚きを隠せない。

 当然だろう。

 もし、この事を事前に月読に話していたら、月読は反対するはずだ。

 だが、勝吏は、覚悟を決めていたのであろう。

 自分を犠牲にしてでも、柚月を助けようと。


「させぬぞ、勝吏。お前が、処罰された所で、何も解決にはならん。それほどの大罪を犯したという事だ」


「そ、そんな……」


 勝吏は、愕然としてしまう。

 いくら、勝吏が、懇願した所で、静居は、それを受け入れる気などないのだ。

 柚月は、大罪を犯したとして。

 これほどまでに、静居は、冷酷な男なのであったのだろうか。

 自分達が、信じてきたものは、一体何だったのか。

 勝吏も、月読も、何を信じればいいのか、わからなくなっていた。

 だが、静居は、二人に追い打ちをかけるような衝撃的な事実を告げた。


「それと、もう、遅い」


「なぜ、ですか?」


 静居は、二人に遅いと告げたのだ。

 何が、遅いというのであろうか。

 この男は、何をし始めようというのであろうか。

 勝吏と月読は、胸騒ぎを覚える。

 嫌な予感しかしないからだ。

 静居は、不敵な笑みを浮かべて、二人に理由を述べた。


「……あ奴を処刑することにした」


「なっ!」


 静居は、二人に衝撃的な言葉を吐き捨てる。

 なんと、柚月は、処刑されることとなってしまったのだ。

 自分の息子が、命を奪われてしまう。

 しかも、この男の手によって。

 これには、勝吏も、月読も絶句し、言葉を失っていた。


「そんな!あんまりです!話を聞かずに、なぜ!」


「あの男の話など、聞くまでもない」


 月読は、初めて、静居に反論する。

 当然だ。

 話を聞かずに、柚月は、殺されてしまうというのだ。

 柚月は、朧を利用して、凶悪な妖を解放したというが、勝吏も、月読も信じられずにいる。

 封印されていたのは、凶悪な妖ではなく、光の神だと勝吏は聞いていたからだ。

 月読も、勝吏から聞かされ、柚月は、朧を守るために、嘘をついたのだろうと推測していた。

 それゆえに、彼の話を静居に聞いてほしいと懇願したのだ。

 なのに、静居は、柚月を処刑しようとしている。 

 まるで、彼は、大罪だと罪をなすりつけて、柚月を殺そうとしているようにしか思えなかった。

 だが、静居は、冷たく言い放つ。

 話を聞くまでもないと。


「残念であったな。わざわざ、隊士達を説得させ、ここまで来たというのに」


「……気付いていたのですか」


 静居は、さらに衝撃的な言葉を口にする。

 なんと、勝吏達の行動を静居は、見抜いていたようだ。

 隊士達を説得までして、ここへ来た事を。

 静居は、二人を見下したように告げ、勝吏達は、愕然としていた。


「当たり前だ。私は、神になる男だからな」


 そんな二人に対して、静居は、堂々と言い放つ。

 自分は、神になる男だと。

 それゆえに、勝吏達の動向など見抜くことは、造作もないのだと。

 勝吏と月読は、言葉を失った。


「夜深」


「わかっているわ」


 静居は、夜深の名を呼ぶが、夜深は、自分は、何をするべきかわかっているようで、すぐさま、立ち上がり、愕然としている勝吏達に目もくれず、部屋を出た。

 部屋の外で、二人の隊士が、待機している。

 その隊士達は、夜深を見るなり、慌てた様子で頭を下げた。

 彼女の素性は、勝吏達も、わかっていない。

 だが、彼女は、静居の側近として扱われているのであろう。

 これだけは、勝吏達も、理解できた。


「勝吏と月読を部屋に連れていきなさい。もちろん、監視の強化も忘れずにね」


「……はい」


 夜深は、隊士達に命ずる。

 静居の代わりに。

 やはり、夜深ですらも、抵抗はできないようだ。

 隊士達は、暗い表情でうなずく。

 そして、感情を押し殺して、勝吏と月読の元へ歩み寄り、無理やり立たせて、部屋の外へと連れだそうとした。

 しかし……。


「あ、そうそう。彼らを止めなかった隊士達は処罰なさい」


「なっ!」


 夜深は、隊士達に、残酷な命令を突きつける。

 勝吏達を止めなかった隊士達を処罰せよというのだ。

 それは、勝吏と月読にとっても、残酷であり、勝吏は、衝撃を受けた。

 彼らは、悪くない。

 悪いのは、自分達だと言うのに。


「命令に背いたのだから、処罰するのは当然でしょ?異論は、ないわよね?静居」


「もちろんだ」


 夜深は、衝撃を受けている勝吏に向かって冷酷な言葉を言い放つ。

 そして、静居に、確認するが、静居が、異論するはずがない。

 彼らは、自分の命令に背いたのだ。

 処罰するのは、当然と思っているのだろう。

 勝吏達は、自分のせいだとうなだれ、力が抜けたような感覚に陥り、抵抗する気力もなく、隊士達に連れていかれてしまった。


「この者たちを止めておけば、隊士達は、処罰を受けずに済んだというのにな」


 勝吏達が、部屋を出る間際、静居は、勝吏達に聞こえるように、言葉を吐き捨てる。

 これには、さすがの勝吏も、堪忍袋の緒が切れたようだ。

 形相の顔で、振り向き、静居をにらみつけた。


「……あんたは、最低な男だ!聖印一族の恥だ!」


 勝吏は、静居をののしる。

 今まで、抑え込んできた感情を爆発させたのだろう。

 この愚かな男を信じていた自分に対しても、許せなかった。


「神になる私を侮辱するとは、言い度胸だな」


 癪に障ったのか、静居は、勝吏をにらみつけて、言い放つ。

 その言葉は、脅迫だ。

 だが、勝吏は、怖気づいた様子を見せない。

 ただただ、静居をにらんでいるだけだ。

 そんな勝吏を月読は、心配そうに、見つめていた。


「連れていけ」


 静居は、今まで以上に冷酷な声で隊士達に命じる。

 彼の瞳からは、憎悪を感じた隊士達は、背筋に悪寒が走った。

 このままでは、自分達も、処罰される可能性があるかもしれない。

 隊士達は、止むおえず、無言で、強引に、勝吏達を連れていった。

 彼らを静居から遠ざけるように。


「すまぬ、柚月……」


 勝吏は、柚月に謝罪し、こぶしを握りしめた。

 己がどれほど無力だったかを思い知らされたかのように。

 月読は、何も言えず、ただ、悔しさでうつむき、勝吏と共に、部屋から追い出されてしまった。

 静居は、瞳に憎悪を宿したまま勝吏達をにらみつけている。

 その時だ。


「ふふふ」


「何がおかしい、夜深」


 夜深は、耐え切れなくなったように、笑みをこぼしてしまう。

 だが、苛立った静居は、怒りを露わにして、静かに、夜深に問いかけた。

 それでも、夜深は、笑みを浮かべたままだ。

 怖気づくことはなかった。


「いいえ、大将にここまで言われてしまうとはね」


 夜深が、笑みをこぼした理由は、勝吏が、あそこまで静居を侮辱したのが、予想外だったからだ。

 それは、静居も予想外であり、それゆえに、怒りを露わにしていたのであった。


「皆、今まで、盲目的に信じていたというのに、化けの皮がはがれた途端、態度を変えるんだもの。人間というのは、愚かな生き物ね。つくづく、そう思うわ」


 静居と夜深が、感じ取っていた勝吏の印象は、静居に盲目的に忠誠心を誓う哀れな人間であった。

 だが、そうではないらしい。

 静居が、本性を現してきた途端、牙を向けてきたのだ。

 従い続けるかと思いきや。

 今の勝吏は、自分達に刃向う愚かな人間といったところであろう。

 それは、勝吏だけではなく、他の隊士達や、聖印京に住む人々も同様であった。


「だからこそ、一度、滅ぼす必要がある。そうであろう?」


「ええ、そうよ」


 静居は、夜深の言っている事を理解している。

 人間は、愚かな生き物だ。

 それゆえに、滅ぼすのだと。

 夜深も、静居と同意見のようだ。

 しかし、なぜ、彼らは、人々を滅ぼそうとしているのであろうか。

 それは、誰にも分らなかった。


「さて、あ奴らは、どう、切り抜けるかな?」


 静居は、少し、機嫌が戻ったのか、不敵な笑みを浮かべる。

 処刑される柚月が、謹慎処分となった朧が、この状況をどう切り抜けるか。

 静居は、楽しみでならなかった。



 勝吏と月読が、行動に移していたとは知らない朧と虎徹は、本堂の地下牢へとたどり着いていた。


「着きましたね」


「そうだな」


「待ってろよ、兄さん」


 朧は、柚月を必ず救うと決意して、虎徹と共に、地下牢へと入っていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます