第373話 魅力的過ぎるからァ~ー❗❗❗

「は~? ここに来て、どンだけ経ってンのよ! ニノッチが、私のセクシー画像観て、ぶっコイたって、事しか聴いてないわよ…😡✨⚡⚡」

 姫乃は長い脚を見せびらかすように組み換えた。


「そ、そ、それは……、姫が訊いたから……😰💦💦」

 ニノマエも困惑していた。


「何よ! 私の所為だって言うの……? 私が魅力的過ぎるからァ~ー❗❗❗」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます