第367話

「良いじゃない! 依頼人の

 オナニー事情も手がかりの

 ひとつよ!!」

 姫乃のドS発言が続いた。


「手がかりになりますか~!

 そんなモン!!

 ただ単に、モノ笑いのタネに

 したいだけでしょ!!」

 ニノマエがガラスの向こうで泣

き喚いた。


「ゴッホン」

 年輩の警備員が咳払いをした。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます