第347話

「お願い。ノア!ほんの

 少しで良いから、ねぇ?」

 熱い吐息をオレの耳許へ吹き

掛けてきた。


「あ、ダメだよ!頼むから、

 オレ……、もう、我慢できなく

 なっちゃうよ………!!」


「じゃ、一緒にやろう!

 すぐに気持ち良くさせて

 あげるから!!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます