第321話 キララ姫乃だ

 世間では夏休みだ。

 今年の夏も熱帯夜が続いていた

 深夜になっても茹だるような

暑さだ。


 オレもいつもの夏休みなら、

浮かれて海や山へ行き、遊び

惚けていただろう。


 ところが、彼女がオレの家に

来て以来、やたらと事件に巻き

込まれッ放しだ。


 彼女とは………、

 姫こと、キララ姫乃だ。


 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます