第318話 【エピローグ】2

「さぁ、ヒマつぶしに、

 次の事件も解決してあげるわ

!」

 姫乃は、一気にアクセルを

踏み込み、加速していった。


「おいおい、姫~~!その前に、

スピード違反で捕まるぜ!!」

「ハッハハ!楽しみね!

 ちょうど、良いヒマつぶしに

なってよ!!」

 姫乃の高らかな笑い声が

突き抜けるような青空に響き

渡った。


 


 



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます