第316話 【事件解決】3

「さ、行くわよ!」

 姫乃は、颯爽(さっそう)と

立ち去っていった。

「ま、待ってよ!!」

 オレは、姫乃の背中に呼び掛けた。

「何度も、言わさないで!

私は、待たされるのが、

嫌いなの!!」

 スタスタと歩いていった。

 まるで、ランウェイを歩く

スーパーモデルのようだ。


「ったく! わがままなンだから

………!!」

 駐車場で、やっと、追い付いた

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます