第307話 最後の【謎解き】3

「そんな事、ある訳がない!

何か、証拠があるのか!!」

 百目鬼は、姫乃を睨んだ。

「証拠ねぇ~……!」

 姫乃は意味深に微笑んだ。

「あのポスターを貼り変えなきゃ

、良かったのよ!」


「え?ポスター………!!」


「ええ、蟹沢の部屋のドアの裏に

貼ってあったポスターよ!」

 姫乃が指摘した。

「知らないねぇ。蟹さわさんだか

、なンだか。その人にも会った

事がないからね!」 

 百目鬼は知らぬ存ぜぬだ。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます