第295話 劇団姫乃座10

「何してるの!?咲希!!」

 背後から、【麻美】役のリオが

声をかけた。

「いえ、あの……」

 【咲希】役の姫乃は怯えた振り

「最近、小銭やアクセサリーが

無くなって、可笑しいと思ってた

のよ!」

「違うンです。ほんの少しお借り

してただけで……!!」


「フン、言い逃れ出来ないわ!

ここに、防犯カメラを

仕込んで置いたのよ!!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます