第293話 劇団姫乃座8

「この時、麻美さんの付け爪が

剥がれたのね!?」

 姫乃の言葉にニノマエは頷いた

「そう、だから、その爪を誰かが

拾って、犯行現場に落としたンだ

。」

 ニノマエは【真犯人】役の

オレを見た。


「なるほど、」リオも納得した。

「う~…む。」

 百目鬼は貧乏揺すりが止まらない。

「オレの皮膚が着いた付け爪を

拾って、犯行現場に落とした

ヤツが【真犯人】だ!!」

 ニノマエは、チラッと、

百目鬼を見た。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます