第275話

「くぅ、何の話をしてるンだ!!

「惚(とぼ)けないでよ!

ネタは、上がってンだから!!」

 リオも強気だ。


「キミたち!これ以上、

言い掛かりをつけると、警察を

呼ぶからな!」

「そんな、お手間は無用よ!!」

 リオも姫乃の隣りに座り、

富田に視線を送った。


「あ、ボクたちは警察のモノです

!!」急いで、警察手帳を提示した。

「警察………?キミたちが……

!!」




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます