第247話

「あ、いいって、ランは!!」

 オレが追おうとすると、メグは

長い脚を胴に絡めてきた。

「何よ~!ランは、良くって、

あたしたちはダメなの!!」

 胴絞めの形だ。


「あ、あのですねぇ……。あ!」

 必死に、堪えていたが、下半身

が熱くなってきた。

 オレの股間の《少年ナイフ》が

一気に熱を帯びてきた。

 その時、スマホの着信音が

鳴った。









 




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます