第238話 ドラマじゃないんだ

「フン、ドラマじゃないんだから

!」

 オレは、鼻で笑って突っ込ンだ。


「けど、自殺しちゃったンでしょ

!? 蟹ちゃん!! 

チョキチョキ!」

 メグが手をハサミにして

オレの乳首辺りを鋏(ハサ)んだ

「ちょっと、どこハサんでンだよ

~!」

 オレは、全体的に身体を左側へ

寄せた。


「あン」

 生天目ランが小さく呻いた。

 ランのオッパイをオレの二の

腕が押し当てるような感じだ。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます