第217話

「なるほど、それで、引き返した

ンですか?」

 冨田が言うと、咲希は泣き

そうな顔で頷いた。


「ッで、戻ったら、押川さんと

バッタリ、顔を合わせた。」

 オレの言葉に、咲希は、

「はい………。」

 と、小さく応えた。


「でも、ビックリしたでしょ?」

 姫乃は、ゆったりとソファで

寛(くつろ)いだ。

「麻美さんは、首を絞められて、

殺されていたンだから!!」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます