第200話

「そうですか。では、押川さんは

、いかがですか!?」


「え、そうですねぇ~?

そう言えば、誰かが侵入してる

ンじゃないかしらって……!」


「なるほど、ストーカーの蟹沢や

元彼氏のニノッちが部屋へ

入り込んでいたら、怖いでしょう

からね。」

「オレは入ってないよ!!」

 ニノマエは即座に弁明した。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます