第156話

 取り敢えず、ヒゲ面おネエの

事情聴取を終えた。

 オレたちの後を追うように、

リオたちも店を出て、地上へ

上がった。

「エロ弁護士さん、次は、

どちらへ?」

「そうねぇ……。蟹沢さんって

方かしら……。そちらは、

無駄に美しい警部補さん?」

「こっちも、蟹沢よ。」


「あら、奇遇ねぇ。ホッホホ。」

 どちらも、磁石で言えば、

S極らしい。

 反発し合うのが、必至のようだ






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます