第143話 手嶋 咲希

「押川と麻美さんの関係は……?

 姫乃の質問に冨田はメモを

見ながら、

「えぇ……っと、友人ですね。」

 

「じゃ、どうして、押川は、

麻美さんの部屋から逃げ出した

ンですか!?」

「怖くなったそうよ。」

 リオが応えた。

「怖く?」

 《コイツの顔の方が怖いやろ

~!》

 確かに、な。


「っで、そのあと、警察へ通報し

、友人と共に現場へ戻ったよう

です。」

「その友人と言うのは!?」


「ヘアメイクの手嶋 咲希ですね

。」

 冨田が写真を指差した。

 メガネをした中々、可愛い

彼女だ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます