第137話 DNAが

《強姦したのは、ニノっち、

やろ~❗》

 ナポレオン。


「オレは、ヤってねぇ~よ!」

 ガラスの向こうでニノマエが

喚いた。


「だいたい犯人は、そう、

言うのよねぇ~。」

 メグは、冨田に腕を組んだ。

冨田は、苦笑いした。


「犯人じゃなくたって、そ~、

言うだろ!」

 ま、ニノマエの言う事も確かだ

「ですが、ニノマエ君が容疑者と

して捕まった最大の理由は、付け

爪に残された皮膚片のDNAが

一致したからです。」

 冨田が、メモを読んだ。

「え?」

 一気に、全員がニノマエを

疑いの目で見た。



 


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます