第132話 ダイイング・メッセージ

「実は、被害者の高瀬麻美さんは、ダイイング・メッセージを残していたンですよ」

 冨田がもう一枚写真を見せた。


「ダイイング・メッセージ❗」

 一斉に、全員の視線が、その

写真に集まった。


《ダイニング・ソーセージ😆✨》

「ソーセージじゃねぇ~よ!」ダイニングでもないし……


「ピースサイン✌をして亡くなっていたンです!!」

 冨田が説明した。

「え…!?」一同、あ然だ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます