第123話 石動《イスルギ》リオ

「そうね。《真犯人》が、彼女のスマホを使って一斉送信した」

 メグが肩を竦めた。


「じゃぁ、直前に逃げていったヒゲ面の男が《真犯人》ってワケね!?」

 杏璃は、したり顔だ。


『ところが、そうじゃないのよ!!』

 いきなりドアが開いて女性の声がした。


 全員が、一斉に振り返った。

 視線が開かれたドアに集まった。

「リオ!!」

 そこには、美貌の女性警部補、石動イスルギリオが立っていた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます