第85話

「いえ、別に……、その事は……」

 ランは首を振った。


「そう、じゃ、ニ~ノに初めましてッて挨拶された事かしらァ~……?」


「え、ええ……」

「ニノっちがオッパイしか覚えてなかったから~……?」

 メグも肩をすくめた。


「そう、一度、オーディションを受けたのに顔を覚えて貰ってなかったのが……」

 ランは悲しげな顔で答えた。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます