第77話

「だって、回りは男ばっかでしょ

?」

「ええ……。」

「ねぇ、あたしのファンなの?」

 メグが身を乗り出した。

「あ、いえ……、別に。」

「どっかで、見た事あんのよねぇ

。」

 杏璃がランを見詰めた。


「……」

 ランは無言で視線を逸らせた。


「こちらとしても、事を荒立てる

気はないので、示談でまとめたい

のですが……。」

 姫乃。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます