第39話

「じゃ、何、かけたの。

白いのとか、かけたの?」

 姫乃は容赦なく下ネタで問いつめた。


「何にも、かけてねぇ~よ。

信じてくれ!!」

 ニノマエは即座に否定した。


「ゴッホン」

 とまた警備員が咳払いをした。


「まぁ、オーディションで

集まったのが、セクシーアイドル

みたいなの、ばっかなンで……。

「っで、C-4隊かよ。絶望的に 

売れそうにないネーミング

じゃん。」

 オレは細かく首を振った。


「そ~言うなって!

あ、そうだ。姫もウチの

ユニットに参加しない?」


「しね~よ。」

 姫乃は即答した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます