第30話 チャラ男

 「え~~? セクシークイーンのキララ姫乃じゃないですか~!」

 面会室に入るなり、容疑者の

男はわめいた。

 茶髪でホストのようなチャラい男だ。


 サッと警備員が、こちらを睨んだ。

 オレひとり、苦笑し頭を下げた。

「初めまして、私、あなたの弁護を依頼されたキララ姫乃です!!」


「べ、弁護~~? あンたが~~!?」

 このチャラ男の言う通りだ。姫乃が、弁護士だと言われて、ハイそうですかと、素直に納得できる人など皆無に等しい。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます