第29話 エロ 弁護士《ベン》

 姫乃は拘置所の駐車スペースに停車した。

「ちょ、何、考えてンですか~! どンだけ、スピード違反すれば、気が済むンですか~!!」

 オレの声はガラガラだ。

 ずっとジェットコースターに乗っていた気分だ。


「バカねぇ。空いてンだから良いのよ」

「空いてても、ダメですよ。守って下さいよ。法定速度を!」


「バカね~。法律は破るためにあるンじゃない」


「な、弁護士の言うセリフですか~!?それッて!!」


「そ~よ。悪い❗❗❗」

 全く悪びれた様子は見えない。恐るべしエロ 弁護士ベン……

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます