16. 親子の約束

「お帰り」

「た、ただいま」


 そっとリビングの扉を開けて、中をうかがうようにして部屋に入ると、すぐに声をかけられた。

 お父さんはリビングのテーブルでノートパソコンを開いて、何か作業をしていたようだ。

 顔を上げ、私を見る。


「今日は遅かったんだな」

「えーと、いつもこんな時間だよ。閉店間際に入ってきたお客さんが何組かいたけど、崇さんがバイクで送ってくれたし、むしろいつもより早いかも」

「そうか……いつも遅くまで働いているんだな。お疲れさま」

「ありがとう。でも、お父さんほどじゃないし」

「まあ、それもそうだな」


 お父さんの口元が微かに緩んだ気がした。笑った……のだろうか。

 そりゃあ、お父さんだって笑うことはあるだろう。でも、笑いあって話したことがなく、笑顔を見るだけで戸惑ってしまう。


「さて、ご飯にするか」


 お父さんはパソコンを片付け、立ち上がった。私もコートを脱いで、制服姿のまま食卓へ向かう。


 食卓には洋食が並んでいた。オムライスと温野菜のサラダだ。

 ラップのかけられたオムライスを電子レンジにかける。

 スープカップが食卓に伏せられていたので、キッチンを覗くと、コンロの上に置かれたお鍋の中に野菜たっぷりのスープが入っていた。

 火をつけ、スープも温める。

 温まったオムライスを食卓に戻し、スープも注いで並べる。

 お父さんは食卓の端に用意されていたお茶セットで日本茶を淹れてくれた。


 準備ができ、私たちは向かい合わせに座った。

 お互いが「いただきます」と言ったきり、特に会話もなく食べ進める。


 オムライスは卵をたっぷり使ったふわふわしたものだった。トマトケチャップの酸味と卵のマイルドさがちょうどいい。

 スープは生姜と根菜類の入った和風なもので、夜風で冷えた体がお腹からしっかりと温まる。

 温野菜サラダは柑橘か何かフルーティーなドレッシングが美味しい。もしかして、ドレッシングも手作りなのかな。家で買い置きしているものではない。

 美味しくて食はどんどん進み、もう少しで食べ終わるという頃、お父さんが口を開いた。


「日曜日は」

「うん?」

「今度の日曜日、予定は空いているのか」


 日曜日がどうしたというのだろう。

 親しい友人が真衣だけで、手帳を見なければわからないほど予定が埋まることはない。

 すぐに返事をした。


「特に予定はないけど……」

「そうか、良かった。それなら一緒に出かけよう」

「は?」


 私は食べるのをやめて、お父さんの顔を凝視した。

 一緒に?

 出かける?

 誰と誰が?

 意味のわからない言葉を聞いた気がする。


「な、なんで」

「なんでって、休みの日に親子で出かけることは珍しいことじゃないだろう」

「そ、そうだけど……」


 いや、本当にそうか?

 今どき、高校生にもなって男親と出かけたりするのだろうか。

 真衣からは、おばさんと出かけて服を買ってもらったなんて話を聞く。でも、おじさんと出かけたという話は家族旅行くらいしか聞いた覚えがない。


「とにかく、昼前から出かけるから」

「えーと、どこに?」

「……考えとく」

「決まってないの?」

「ああ。茜はどこか行きたい場所があるか?」

「特に、ないけど」


 お父さんは「そうか」と言うと、話は終わりだとばかりに食べ進める。

 意味がわからない。

 どうして一緒に出かける必要があるのだろうか。

 話を終わりにはしたくないのに、問い詰めたいのに、言葉が出てこなかった。


 先に食べ終わったお父さんは手を合わせて「ごちそうさま」と言った。

 それを見て、私も慌てて最後の一口を食べると、手を合わせた。

 お父さんは私の分も食器をまとめると、キッチンへと立つ。


「あ、ありがとう。あの、流しに置いてくれたら私が洗っておくよ」

「いや、大丈夫だ」

「そ、そう……」


 私は何を言えばいいのか、何をすればいいのか。それがわからず、キッチンとダイニングの境目に立って、食器を洗うお父さんの姿を見ていた。

 洗い終わったお父さんは不意にこちらを見て、驚く。


「先に部屋へ戻ってよかったのに。どうしたんだ」

「あー、えっと……そう。食卓を拭こうと思って、台拭きを取りに来たの」


 キッチンに置いてある台拭きを取ると、食卓を拭いた。洗って、作業台にかけて乾かしておく。


「おやすみ」

「ああ。おやすみ、茜」


 お父さんの穏やかな声を聞くと、いたたまれない気持ちになる。どうして私がそんな気持ちにならなきゃいけないんだ。気持ちを振り払うように、急いでその場を離れた。

 部屋に戻ると、速攻で真衣に電話をかけた。真衣は3コールほどで出た。


『こんな時間にどうした――』

「ねえ、どうしよう!」


 真衣が言い終わらないうちに、言葉をかぶせるようにして叫んだ。


『あー、なんかよくわかんないけど、落ち着け』

「落ち着いてられないよ」

『何があったの?』


 冷静な真衣の声を聞いていると、私の頭も少しだけ冷える。

 ベッドに座りこんだ。


「お父さんがね、急に、日曜日に一緒に出かけようって」

『え、おじさんと一緒に?』

「そう。こんなこと初めてで、私、どうしたらいいのかわからないよ」

『まあ、どうしたもこうしたもないよ。おじさんの行くところに着いていきな』

「それはそうだけど……お父さん、何を思ってこんなこと言い出したんだろう」


 私は枕を抱え込んだ。


『うーん、そういうことは本人に聞かなきゃわからないよ』

「ごもっともです。だけど、聞けないから困ってるんだよ」

『おじさんなりに、娘を放置しすぎてるって思ったとか、なんか心境の変化でもあったんじゃない』


「ええー。今さらすぎる」

『まあね。おじさんが家に寄り付かないのはひどすぎたしね』

「……そうだね」


 私は苦笑した。他人の目でもそう見えるのか。


「はあ、日曜日どうしよう」


 憂鬱すぎてため息が漏れてしまう。

 こんなに嫌で嫌で仕方ないことなんて、今まであっただろうか。学校でも嫌なことはたくさんあるけど、心を鈍くして、できるだけ何も感じないようにしていた。それがお父さん相手だとできない。心を乱される。


『まあ、どこに行くのかわからないけど、着いていくしかないよ』

「うん」

『たぶんおじさんは、この機会に少しでも、茜との距離を縮めたいんじゃないかな』

「え……」


 私は何も返すことができなかった。

 私は距離なんて縮めてほしくない。でも、それを言葉にしていいものなのか。

 私とお父さんの関係はおかしいんだろうか。


『私の勝手な想像だけどね』

「そんなの、全部遅すぎるよ」

『遅いとか、そんな理由で諦めたくはないのかも』

「諦め」


 諦めているのだろうか、私は。自分のことなのに、よくわからない。


『ま、頑張って』

「うん、相談に乗ってくれてありがとう」


 何をどう頑張ればいいのか謎のままなのに、私はそう締めくくって電話を切った。

 そのままベッドで横になる。

 心が荒れていた。そんな自分が嫌だった。もう何も考えたくない。

 横向きにお腹を丸めて、私は目をつむった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます