灯台守の話

 岬の端からやっと見える小さな島。舟がなければたどり着けないそこに灯台がある。

「あそこには誰がいるの?」

 尋ねたわたしの頭を、父は撫でるだけ。

 灯台の明かりは船乗りの大切な導き手。けれど誰がそれを担っているのか、大人は口を閉ざしていた。

「知らなくていいのさ」

 答えた父の言葉に納得できないまま、十年後、真実を知った。

 ほんの少しのすれ違いの末、友を刺殺した男が島流しになった。

 流された先はあの小さな島の灯台。

「おまえは決して近づくな」

 食料を携え、父は舟に乗って島を目指す。今あの島にいるのは、わたしの元・夫。

 島の灯台守は死ぬまでその務めを果たさねばならない。

 わたしは毎夜、岬の突端からその明かりを見つめている。


(300字)

※Twitter300SS参加作品。第49回お題「灯す」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

300字くらいの掌編たち 永坂暖日 @nagasaka_danpi

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ