第56話 英雄再誕

 ≪不可侵全裸≫。一切の攻撃が通じず、光をすり抜ければ透明化も出来る。そして何より、姿そのものが精神攻撃になるという恐ろしい奴だ。


 勝利の糸口は今のところ魔力切れのみだが、それを彼が意識していないとも思えない。

 俺達は取り敢えず一ヶ所に集まり、いつでもレイさんの魔法で回復出来る位置についた。


「回復かすり抜けか、どっちの魔力が先に尽きるかのチキンレースだな……」

「透明化は常に魔力を食うけど、攻撃をすり抜けるだけならそんなに魔力は使わないよ。大人しくそこの英雄を差し出せば、あなた方には危害を加えませんが?」


 レイさんと≪不可侵全裸≫が睨み合い、お互いに牽制する。


 蟹人間との戦いしか経験してない俺は、急なバトル展開に動揺を隠せなかった。


「啖呵を切ったは良いけど、実際できること無さすぎるな……」

「私もニャ。まぁ、せいぜい攻撃を避けるくらいだニャア……」


 冷静になればなるほどやることないのが分かってきて、レイさん以外は自然と脱力した。


 レイさん一人だけ険しい顔をしてるのも不自然なので、取り敢えず俺達は、表情だけはなんとか引き締める努力をする。


「おいお前ら! 表情だけ険しくても何にもならねぇからな!?」

「いやだって、それ以外に出来ることないし……」


 レイさんがこっちを振り返って怒鳴り散らすが、そんなことを言われてもという感じである。


 俺達に出来るのは、ダメージを負ったときスムーズにレイさんに身を差し出し、回復を待つことくらいしかないのだ!


「とは言え、このままだとまずいよな……」


 レイさんと≪不可侵全裸≫はお互い魔力を節約するため、攻撃を避けながらたまに恐る恐る相手に殴りかかるという、非常に地味な戦いを進めていた。


 こうなると魔力が切れても離脱のしやすい≪不可侵全裸≫が有利だし、何より、このままではレイさんが戦意喪失する可能性が大だ!


 彼女には俺達を助ける義理なんて、そんなにないものっ!


「そろそろ……レイさんのモチベーションが危ない!」


 レイさんの安否よりもモチベーションを心配するのはどうかと思うけど、俺達にとっては死活問題なので仕方ない。

 せめて、せめて戦ってる感を出さなければ……!


 しかし……。


「ん? どうかしたのかニャ?」

「いや、待てよ。あいつの魔法……何かおかしくないか?」

「ニャ?」


 ≪不可侵全裸≫の魔法に猛烈な違和感を感じ、俺は一瞬固まった。


 確証はない。それにもし合ってたとしても、俺が動き出せば危険は増すばかり。安易に踏み込むべきではないだろう。


 でも、それでも……!


「英雄コウタなら、踏み込むはずだ…!」


 俺は意を決して、リナさんとロップさんに振り返った。


 俺の記憶は戻っておらず、魔法が使えないことを伝えるためだ。

 レイさんに聞かれたらモチベーションを下げてしまうかもなので小声で、しかし確固たる口調で述べる。


「さっきは勘違いさせてごめん。俺はまだ……記憶を取り戻してないんだ」


 俺の真剣な口調に、リナさんとロップさんが表情で驚きを示した。


「だけど、俺はこのままでいたくない。立ち止まって流れに身を任せて、そんな自分を変えたいんだ! だから……だから……!」


 自分の思いを口にすることすら少なかった俺は、普段なら絶対に言わないことを言った。


「俺に、力を貸してくれ……!」


 まだ会ったばかりの相手に、こんなことを頼むのは差し出がましいと、いつもなら思う。

 でも、今なら分かる。


 これが、俺の踏み出すべき一歩だったんだ。記憶を失う前の俺が最後に辿り着き、示した一歩。

 そしてそれを分かってやれるのも……。


「俺だけだ……!」


 またも啖呵を切った俺を見て、リナさんとロップさんが微笑んだ。

 もしかして、許してもらえたのだろうか?


「そんなに心配そうな顔しなくても、力くらいいつでも貸してやるニャ」


 リナさんが呆れたようにため息をつくの

で、俺は度肝を抜かれる。

 えっ、そうなの……!?


「い、良いのか……?」

「そりゃそうニャ。だって……」


 リナさんは遠くを見るような目をしてから、再び俺をしっかりと見据えた。


「君は、君だからニャ」

「……!」


 リナさんの言い放った言葉に、俺はハッと息を詰まらせる。


 戦う力がなくたって、記憶がなくたって、それがどうしたとでも言わんばかりの口調だった。

 そして何より、無性に懐かしい響きのする言葉だ。


「ラノベ主人公は力がある人物なのかもしれニャい。昔の君は、今より少し強かったかもしれニャい。だけど、それがどうしたって言うのニャ?」

「どうしたって……」


 リナさんの真意が掴めない俺は、動揺しながら呟いた。それに被せるように、リナさんは言う。


「私が……私達が好きになったのは、力が強い君でも、有名になった君でもないニャ。ただひたすらに現実を見据えて、前に進んでいた君ニャ。傷つき続けた君ニャ!」


 リナさんは顔を少しだけ赤くしながらも、毅然とした態度で言いきった。


 俺が好きだと。それは決して、昔の俺だけに向けられた言葉ではないと分かった。


「俺だけだ……! とか文脈無視して変なこと呟くのは、コウタくらいしかいやせんしね」


 ロップさんも軽く笑いながら、茶化すように言ってくる。


 俺の記憶が戻ってないと分かっても、傷ついた様子はなかった。

 そもそも、騙されていなかったのだろう。それでも俺の言うことを聞いてくれたのは、俺が、俺だから。


「み、みんな……」

「二人に呼び掛ける時、みんななんて使わないニャ。気分に流されるニャ」


 照れ隠しなのか、リナさんが顔を少し逸らしながら揚げ足をとってきた。


 俺もテンションが上がっていたのを自覚して恥ずかしくなったが、それどころじゃないので言葉を続ける。


「みんな、レイさんが……瀕死だ……」

「ニャッ!?」


 俺の言葉にリナさんが叫び、レイさんのいる方向を見遣った。そして、絶句する。


 レイさんに戦闘を任せたまま、ちょっと盛り上がりすぎた。これはいかん!!!


「魔法の使い方を今すぐ教えて! 普通にヤバい、普通にヤバいから! あと、ダンジョン賊さんもそろそろ連れてきて!」

「やっぱり魔法の使い方まで忘れてるんでやすか!? あ、あっしは魔法とか苦手なんで、ダンジョン賊呼んできやす!」

「ええっ!? す、すぐに魔法を教えろって言われてもニャア……」


 雰囲気ぶち壊しなのも自覚しつつ俺が慌てて言うと、魔法が苦手なロップさんは逃げ出し、しかも何故かリナさんまで慌て始めた。


 やっぱり魔法の使い方を今すぐ教えるなんて無理か、と俺が諦めていると……。


「じゃ、じゃあ失礼するニャ」


 リナさんが謎の断りを入れてから、猫というより虎を思わせる俊敏な動きで……。


 俺のズボンを、一気に引き下げた。


「へ……?」


 呆ける俺に構わず、リナさんが俺に飛び付いてくる。腕を俺の背中に回し、脚は俺の脚に絡みつく。


「ちょ、ちょっと、いきなり何してるんですか……!?」


 タメ口も維持できなくなり、丁寧語で聞き返す。後ろではレイさんが瀕死なのに、何やってんだこの人!?


「魔力の使い方、思い出さないかニャ……?」

「あっ……」


 リナさんの言葉に思い当たるところがあり、俺は軽く呟いた。


 この脚の感覚、確かに覚えがあるような……? それどころか、何度も何度も思い返していたような……。それこそ、魔法を使う度に……。


 何より、リナさんの回した腕に記憶が大きく刺激された。

 狭い部屋、肩に触れた彼女の涙、そして彼女の温かさ。


 もう少し……もう少しで記憶が蘇りそうなのに……!


「あ、あと一歩、足りない感じだニャ……」


 俺を抱き締める力を強めながらも、リナさんが無念を噛み締める。


 あと一歩。その感覚は俺も同じだった。


 でもその一歩は、昔の俺が踏み出したことのない一歩だ。

 だったら……だったら……。


 その一歩を踏み出せるのは、俺しかいねぇだろ……!


「リナ!」

「ニャッ……!?」


 俺の叫び声にリナさんが驚き、反射で顔をこちらに向けてくる。

 その隙を見逃さず、俺は顔を一気に近づけて彼女の口にキスをした。


「……!」


 リナさんが緊張に体を強張らせるのを感じる。だけど、俺は構わずに彼女の唇を貪り続けた。


「ニャッ……ニャア……!」


 腕の中でリナが暴れ、段々と彼女の体温が上がっていくのを感じる。だが抱き心地が良すぎて、俺の腕はより強く彼女を抱き締めるばかりだ。


 リナが何かを訴えるように声を出しても、俺はリナを放さない。すると、突然体中に衝撃が走った。


 リナの体から、無数の突起が生えてくるのを感じる。

 それは人との触れ合いを拒む、鋼鉄の刃であったが……。


「な、なんで……」

「俺の得意魔法は、せいぜい≪硬化≫くらいしかないからな?」


 だけど俺は彼女の刃に傷つくことなく、未だにリナを抱き締め続けていた。


 顔を放した時にリナが疑問を呈するが、俺は堂々と答えてやる。


「魔法……。コウタ、魔法を思い出したのニャ?」

「あぁ、これまでのことも全部思い出したし、記憶を失ったあとのこともちゃんと覚えてる」


 顔からも少しずつ刃の突き出したリナの顔を見ながら、俺は不敵に笑った。


「なぁリナ、聞いてくれ。俺は、記憶のない自分を救える程度には、ラノベ主人公になってたみたいだ」

「コウタも聞いてニャ? 私、コウタがいれば、人間みたいに生きられる気がするニャ」


 俺達は顔を見合わせながら、笑い合う。


 それは俺達が目指した、憧れの地点だったから。


「おかえりとは、言わないニャ?」

「あぁ。俺は、俺だからな」


 言い放ってから、立ち向かうべき敵に向き直った。

 ラノベ主人公よりラノベ主人公な、この英雄コウタ様がな!


「あっ……」


 目の前ではレイが≪不可侵全裸≫の手刀に腹を刺し貫かれていた。


 そうだよね。ラノベのクライマックスシーンみたいなペースで喋ってる場合じゃ、なかったよね。


 戦況は覚醒シーンを待ってはくれない。だって、この世界はこの世界だもの……!


 異世界がシビアすぎて、仲間が死にそう!!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます