10話 お話の前に、酔い

「きもちわる……うぷっ」


 荷車ーー馬車に乗って城壁外にあるアシュレイさんの両親が営んでいるという農場に向かったわけだが、まあ酔った……吐きそ。

 道は整えられているとは言えずガタガタで、ゴムのない車輪が揺れに拍車をかけ、尻は痛い酔いは酷いことになった。

 こんなにも酔ったのは、ハイテンションガールどもに某有名テーマパークに連れていかれた時以来だ。あの時はイベント中で人混みでも酔ったし、何よりも何回も乗せられアトラクションがアウトだった。……思い出したらまた。クソうっ。


 俺が早々にダウンしている間、リディアさんが何やら商人に向かって言っていたがよく聞き取れなかった。だがやりとりの様子はなんとか見えたわけで、リディアさん、なんか商人に怖がられてるよ? 何言ったの?

 ああ、気持ち悪い……。

 そんなこんなでようやく着いた。その頃には俺は瀕死状態で、口からキラキラが出る寸前。ああ、昼飯食べる前でよかったぁ。


 止まった馬車を降りたらしい商人が、俺の顔を除き込んできた。


「嬢ちゃんは……、無理か。少し休んでな。先に話をしてこよう」

「私も残りますね。こんなかわいい子、一人にはしておけませんし。……あなたみたいな方がいるので」

「や、やだなぁリディアさん。俺はソッチ方面の商売には手ェだしてないですよ」

「まあ、来ても返り討ちにするので」


 なんかリディアさんが怖い笑顔を浮かべているが。しかし、話が掴めない。酔いで頭が回らないのもあるけど、話が断片的過ぎる。ああ、俺の知らないところで駆け引きがされてる。……まぁ俺みたいなかわいい子は、汚い社会は知らないよ? 純白だよ?


 牽制された商人は馬車から離れていき、やがて静寂が訪れた。リディアさんもいるが俺の様子を慮ってか、そっとしていてくれる。

 屋根の無い荷車にいるから空が筒抜けで、暖かな太陽が俺を照らしている。焼き男の娘が出来るほどではないにしろ、肌がジリジリとする。それも時折吹く爽やかな風で撫でられ、ちょうどいい、気持ちのいい天気となっている。

 異世界に来てから空気は綺麗だと思っていたが、ここは特段空気が美味しい。酔いも少し楽になって来た。


「大丈夫? カナデちゃん」

「はい。少し、楽はなってきました」

「よかったよ」


 途中からーー街を出て少ししたらすぐに寝込んでいたから、景色の移り変わりを楽しめなかったけどらこれはこれでよかった。木組みの家や石造・煉瓦造りの家が立ち並ぶ活気溢れる景色は、平々と広がる田畑がのどかな静けさを醸し出す景色へと変わっていた。


「凄いな」

「そうだね。私も、外に出るのは久しぶりなんだよね」

「そうなんですか」


 見た限り三圃制を用いた田畑のようだ。予想よりも進歩している農業技術に驚くが、それ以上に明らかに夫婦だけで手入れすることが出来ないだろう田畑に疑問を抱く。

 地球見みたく最新の機械があるのならわかる。かなりの無茶をすれば夫婦だけでもなんとかなるだろう。しかしここは異世界でそんなものはない。

 じゃあ小作人みたいな人を雇うというのはどうなのか? これは建設的だし、あり得る話だ。しかしならなぜ真昼間という時間帯にそれらしき人影が見当たらないのか、となる。


 よって、きっとこれも異世界的に、今までもちょくちょく出てきた魔道具とやらが活躍しているのだろう。実に便利な存在なのだろうな、魔道具。困った時には魔道具だねっ。


 そんな風にぼーっとしていれば、ふと思う。

 ん? 平和な時間が流れていたけどおかしくはないか? ここは城壁の外。つまり、迷宮から逸れた魔物が荒らしていてもおかしくないのに、その痕跡がまったくない。

 本当に平和なのだ。平和、だよね? 突然魔物に襲われたりしないよね?


「リ、リディアさん。ここ、魔物に襲われてたりしませんかね」

「ああ、うん。多分大丈夫だよ」

「でもここ城壁の外ですよね? アシュレイさんも、城壁の外で魔物に襲われたんじゃ」

「そうなんだけどね。農場とか牧場には、結界を張る魔道具が置かれてるの。ほらあそこ、黒い柱があるでしょう? あれが結界を張る魔道具の一種なの」


 リディアさんが指を指す方を見れば、力強く地面に突き刺さってる、腰の高さほどの柱があった。そこから連なるものはないが、確かに結界が張られているらしい。不安だ。

 しかし、周囲を見れば確かにところどころに柱が立っていて、それはやや不自然な光景だ。柵があるわけじゃないから余計に目立つ。

 はあ、こんなことにも気がつかないなんて、酔いのせいでまだ頭がしっかりと働かない。アシュレイさんの両親に話を聞くまでには、体調を整えなければ。


「滅多なことじゃ破られる心配はないし、破られれば直ぐに街に常駐してる兵士に連絡が行くようになってるの」

「へぇ。そんなものがあったんですか」

「うん。だけど、街に張られてる結界に比べたら弱いんだけどね。

 さすがに街に野菜とかを大量生産する土地はないから、どうしても外で作らなくちゃいけないんだけど、万が一があるからね。こうして農場にら結界が張られてるの。国からの支給だよ」


 そりゃあ、なんとも安全保障のしっかりとした国だな。害獣対策に国で乗り出すだなんて、これは異世界だからだろうか。食べ物の豊作不作は国家権力安定にも繋がるわけだし、なかなかいいとは思うのだけど。反乱が現実的な異世界ならではということなのか。無知な俺にはわからんが。

 あれ? でもそれじゃあ、


「なんで農場以外、街道にも結界を張らないんですか? それなら、アシュレイさんが死ぬことも」

「それは少し無理かな。魔道具ってやっぱり消耗品が多いんだけどね、結界系の魔道具はそれが凄いの。街道にまで配備してたら、お金が足りないんだよ」

「だから必要最低限の農場にだけ?」

「逸れの魔物なんてあまりいないからね。割に合わないんだよ」


 なんともリアルな話だ。いま一瞬、ここがファンタジーな世界なのを忘れかけたけど、あたりまえか。この世界にだって人が住んでいて国があるのなら、そういった部分があるのはあたりまえなのだ。ゲームみたく一面を見るわけにはいかない。


「まぁ安心して。いざとなったら、私がカナデちゃんを守るから」

「頼りにしてますね」


 リディアさん、受付嬢なのに強そうだし。



 ***



 のんびりして酔いもだいぶ治った頃、商人がようやく戻ってきた。どうやら取り引きついでに俺の用件を伝えてくれたらしく、伝言も預かったそうだ。「体調が優れないのならベッドを貸す。良くなったのなら話をします」という旨のもので、俺はよしっと頬を叩いて気合を入れた。

 ここで、情報を引き出せるかがアレン攻略の成否に繋がる。

 酔ってぼやけた頭に喝をいれて、俺とリディアさんはアシュレイさんのご両親が待っている家に向かった。


 幾つかある建物。農具をしまう倉庫や野菜を保管する蔵。色々あるが商人に事前に教えてもらったので迷うことなく家がわかった。

 街にあるものと同じで、石造と木造の混ざったハーフティンバー造りで、随分立派家だった。


 ノックをした。コンコンという気持ちのいい音が響いた。


「こんにちは。商人さんのお話にあった、アシュレイさんの話を聞きたい者です」


 内開きの扉はゆっくりと開けられた。開けたのはもちろん俺じゃなくて、人の良さそうなお婆さんだった。

 皺はあるけど、色素の薄い金髪と青目は同じだし、何よりも雰囲気が同じだった。この人が、アシュレイさんのお母さん。


「遠いところまでごめんなさいね。さあ入って。お茶でもしながらお話しましょう」


 ついでに、アレンの祖母でもあった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます